centos7でカーネルを指定して起動する

Ryzenで構築し直した自宅サーバーのkernelを4系にしたらどうもコンソールが表示されない。
リモートからのSSHやXRDPだとつながるがコンソールがつながらないのは不便なので
kernelを3系に戻して起動したときのメモ
Centos7からはgrub.cfgの編集をしてはダメなようで手順は
redhat公式サイトに載っている通りです。

現在のkernelを確認

# uname -r
4.16.2-1.el7.elrepo.x86_64

現在軌道に使用されているデフォルトkernelを表示

# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.16.2-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)

起動に使用できるkernelの一覧を表示

# awk -F\’ ‘$1==”menuentry ” {print $2}’ /etc/grub2.cfg
CentOS Linux (4.16.2-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-862.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-693.21.1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-693.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (0-rescue-4012dc7197c64ed79c6e5dadbbfcdddc) 7 (Core)

grubは0から始まるので2行目の3.10.0-862.el7.x86_64で起動したいので

# grub2-set-default 1

確認

# cat /boot/grub2/grubenv |grep saved
saved_entry=1

設定を保存・反映する。
自宅サーバーはUEFIでcentosなので以下の様に

# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg

再起動して確認
# reboot

新品のポストがあった。

運用前の新品のポストが道端に段ボールを被ったまま有りました。
運用前のポストにお目にかかるのは当然初めてです。

新品のポスト
新品のポスト

ポストの正式名称?商品名は郵便差出箱っていうのを初めて知りました。

何時からこのポストが稼働するのかが書いてあります。

新品のポスト
新品のポスト

郵便物を入れないようにと言われても段ボール被ったままでは誰も居れませんよね???

珍しいものを見ました。