nginxのキャッシュヒット率をmuninで表示

ngninxのキャッシュhit率をmuninで表示させてみます。

muninなんで簡単なんですが、メモ代わり

キャッシュ専用のログを取得する設定をnginxに追加します。
僕は、設定を専用のconfに分けました。

#vim /etc/nginx/conf.d/cache.conf
log_format cache ‘$remote_addr – $host [$time_local] “$request” $status ‘
‘$body_bytes_sent “$http_referer” ‘
‘rt=$request_time ut=”$upstream_response_time” ‘
‘cs=$upstream_cache_status’;
access_log /var/log/nginx/cache-access.log cache;

こんな感じで、設定して
nginx再起動

# /etc/rc.d/init.d/nginx restart

続きを読む “nginxのキャッシュヒット率をmuninで表示”

muninの閾値を変更する

muninでサーバーのstatusを記録しているんだけど、
デフォルトの閾値で引っかかってしまいサーバーには問題ないのに黄色や赤になってたので
閾値を変更した。

今回の対象はPHP APC Purge rateです。

対象のプラグインの該当項目を修正・追記

# vim /etc/munin/plugins/php_apc_purge

今回は以下の項目を修正

## PHP APC Purge rate (# Entries / Inserts)
elsif($plugin eq ‘purge’) {
print(‘multigraph php_apc_purge
graph_title Purge rate
graph_args –base 1000 –lower-limit 0 –upper-limit 100 –rigid
graph_vlabel Percent
graph_category php-apc
purge_rate.label Purge Rate
purge_rate.draw LINE2
purge_rate.min 0
#purge_rate.warning 10
purge_rate.warning 15
purge_rate.critical 20

purge_rate.warning がデフォルト10なのを15に
purge_rate.criticalの項目が無かったので追記して20に
して

# /etc/rc.d/init.d/munin-node restart

muninの更新後アラートが出てなかったらおしまい。