yum update でこけたので対処

yum updateでこけた時の対処

自宅環境でのログです。
epelでこけてます。

base/7/x86_64/filelists_db | 6.7 MB 00:00
elasticsearch-2.x/filelists_db | 10 kB 00:00
http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz: [Errno 14] HTTP Error 404 – Not Found
他のミラーを試します。
To address this issue please refer to the below knowledge base article

https://access.redhat.com/articles/1320623

If above article doesn’t help to resolve this issue please create a bug on https://bugs.centos.org/

One of the configured repositories failed (Extra Packages for Enterprise Linux 7 – x86_64),
and yum doesn’t have enough cached data to continue. At this point the only
safe thing yum can do is fail. There are a few ways to work “fix” this:

1. Contact the upstream for the repository and get them to fix the problem.

2. Reconfigure the baseurl/etc. for the repository, to point to a working
upstream. This is most often useful if you are using a newer
distribution release than is supported by the repository (and the
packages for the previous distribution release still work).

3. Run the command with the repository temporarily disabled
yum –disablerepo=epel …

4. Disable the repository permanently, so yum won’t use it by default. Yum
will then just ignore the repository until you permanently enable it
again or use –enablerepo for temporary usage:

yum-config-manager –disable epel
or
subscription-manager repos –disable=epel

5. Configure the failing repository to be skipped, if it is unavailable.
Note that yum will try to contact the repo. when it runs most commands,
so will have to try and fail each time (and thus. yum will be be much
slower). If it is a very temporary problem though, this is often a nice
compromise:

yum-config-manager –save –setopt=epel.skip_if_unavailable=true

failure: repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz from epel: [Errno 256] No more mirrors to try.
http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz: [Errno 14] HTTP Error 404 – Not Found

アドバイスらしきものが出てくるがどれもepelをどうにかしろといってるかんじ
そうじゃない対処を探したところ
google先生が教えてくれました。
キャッシュが悪いみたいです。
なので消します。
# cd /var/cache/yum/
# rm -rf x86_64/
# yum clean all
# yum check-update
こんな感じでyum updateが成功しました。

Mondo Rescueをインストールした。

借りてるVPSのバックアップは、ファイル単位などでは取得していたのだが
戻す時メンドイのでイメージとしてバックアップを取得出来て
以前仕事で使ってラクチンだったMondo Rescueを入れてみた。

こちら様のサイトを参考にそのまんまやるだけ。

入れた環境は
さくらVPS
CentOS6.4 64bit

# cd /etc/yum.repos.d/
続きを読む “Mondo Rescueをインストールした。”

nginx最新?バージョンをcentos.alt.ru.repoでyumでインストール。

nginxの最新を入れるのに前は、rpm落としてきたりでめんどくさかったんで
yumでいれてたいなーって思ったところありました。

こちらのサイト

readme.txtに有るように
リポジトリ追加

# vim /etc/yum.repos.d/centos.alt.ru.repo

[CentALT]
name=CentALT Packages for Enterprise Linux 6 – $basearch
baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0

サンプルどおりに追加し

# yum check-update

をかけた所、nginx-1.3.15
が入りました。現時点で最新開発バージョンの一個前なんでいい感じでしょう。

最新に近いnginxがインストールされました。

余談ですが・・・
CentALTリポジトリを使うとapache他も新しいのが入るので「この際入れちまえ!」って入れましたが

[emerg] 3107#0: bind() to 0.0.0.0:443 failed (98: Address already in use)

今回のapacheのupdateでssl.confが新たにapache側で作成されて
443ポートの設定が重複してしまい、エラーがでてnginxあがらんかったんですが
ssl.confをリネームして解消しました。

updateは気をつけないとならないですね。