gibsonレスポールのブリッジを削る


gibsonギターを長く弾いているとブリッジが弦で削れて溝が深くなり
チョーキングをした際等、交換したばかりなのに弦がすぐ切れてしまうようになります。
以前、楽器屋でこの事を相談した時、楽器屋のおっさんが「ブリッジを削って平らにすればいいんだよ」
と教えてくれました。けずちゃってもいいもんなんですねえ。
手なわけで削ってみました。

GIBSON NASHVILLE TUNE O MATIC ブリッジ クローム PBBR-030
 

写真が悪く余り良くわかりませんが、削れております。

gibsonのブリッジ

gibsonのブリッジ

これを金ヤスリで平らにしてあげると良いわけです。

gibsonブリッジ削ったあと

gibsonブリッジ削ったあと


こっちの写真もあんまりですが。。 
削ったので天辺の弦に触れる場所の面積が広くなっています。
このブリッジを削るのはこれで三回目くらいでしょうか?

これで、完了です。
そろそろ、ブリッジも交換ですね。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です