zabbix-agentも4.2にアップグレードしてみた。

前回、zabbix-server他まとめて全部4.2にアップグレードしました。
今回はzabbix-agentのみを4.2にアップグレードしてみました。

現在のzabbix-agentのバージョンは
zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3です。

使用しているzabbix-releaseは
zabbix-release-3.5-1.el7です。

それでは前回同様最新のzabbix-releaseをインストールします。

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm
略~
更新します : zabbix-release-4.2-1.el7.noarch 1/2
整理中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2
検証中 : zabbix-release-4.2-1.el7.noarch 1/2
検証中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2

更新:
zabbix-release.noarch 0:4.2-1.el7

完了しました!

リポジトリをきれいにしてupdate確認

# yum clean all
# yum check-udpate

他にupdateがなかったので一気にいきます。

# yum -y update
略~
Running transaction
更新します : zabbix-agent-4.2.0-1.el7.x86_64 1/2
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.rpmnew
整理中 : zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3.el7.x86_64 2/2
検証中 : zabbix-agent-4.2.0-1.el7.x86_64 1/2
検証中 : zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3.el7.x86_64 2/2

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.2.0-1.el7

完了しました!

エージェントを停止・起動・ステータス確認

# systemctl stop zabbix-agent
# systemctl start zabbix-agent
# systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 月 2019-04-15 22:36:51 JST; 2s ago
略~

問題なくエージェントが起動してます。

zabbix-serverからエージェントのバージョンを確認してみます。

# zabbix_get -s 監視対象サーバーのIP -k agent.version
4.2.0

問題なく4.2にバージョンアップできました。

Zabbix 4.2にバージョンアップしてみた。

4月4日にZabbix 4.2が正式に発表されたのでバージョンアップをしてみました。

今までのバージョンはZabbix 4.2.0rc2です。

サーバーにインストールされているzabbix-releaseは

# rpm -qa | grep zabbix-release
zabbix-release-4.1-1.el7.noarch

です。

まずは、4.2のzabbix-releaseをインストール

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm

次にリポジトリをきれいに

# yum clean all

アップデート確認

# yum check-update

zabbix-agent.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.2.0-1.el7 zabbix

4.2系が落ちてきてます。

バージョンアップ

# yum -y update
略~
更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-web.noarch 0:4.2.0-1.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.2.0-1.el7

完了しました

成功です。

webのGUIでも確認
リロードしてみるとページの一番下にZabbix 4.2.0と表示されました。
更にagentからも確認

# zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
4.2.0

監視も正常に動いているので問題はないようです。

SoftEther VPN Serverをアップデートしてみた。

SoftEther VPN Serverを導入してから
一度もアップデートしてなかったのでアップデートをしてみました。

現時点での最新は
SoftEther VPN Server (Ver 4.29, Build 9680, rtm)となっておりますので
これにアップデートしてみました。

まずは現状の確認
クライアントからVPN接続できることを確認。
サーバー上でのプロセス確認。

# systemctl status vpnserver
● vpnserver.service - SoftEther VPN Server
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/vpnserver.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 木 2019-03-28 23:43:14 JST; 4 days ago
Main PID: 3038 (vpnserver)
CGroup: /system.slice/vpnserver.service
tq3038 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc
mq3040 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc

SoftEther VPNがインストールされている場所は

/usr/local/vpnserver/vpnserver

です。

まずはサービスを停止します。

# systemctl stop vpnserver

適当な場所に最新版のSoftEther VPN Serverをwgetで落としてきて

# wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.29-9680-rtm-2019.02.28-tree/Linux/SoftEther_VPN_Server/64bit_-_Intel_x64_or_AMD64/softether-vpnserver-v4.29-9680-rtm-2019.02.28-linux-x64-64bit.tar.gz

解凍

# tar zxvf softether-vpnserver-v4.29-9680-rtm-2019.02.28-linux-x64-64bit.tar.gz

中に入って

# cd vpnserver/

makeします。

# make

ライセンスやら確認がずらずら出ますが、ひたすら「1. Yes」を押下します。

makeが終わったら作業前に現環境をバックアップ

# pwd
/usr/local
# mv vpnserver vpnserver_20190402

解凍したvpnserverディレクトリと入れ替えます。
# pwd
/usr/local
# mv /root/bin/vpnserver ./

パーミッションを本番同様に変更します。

# cd /usr/local/vpnserver
# chmod 600 ./*
# chmod 700 vpnserver
# chmod 700 vpncmd

元のconfigファイルを持ってきます。

# cp -P ../vpnserver_20190402/vpn_server.config ./

それでは起動します。

# systemctl start vpnserver

確認

# systemctl status vpnserver
● vpnserver.service - SoftEther VPN Server
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/vpnserver.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 火 2019-04-02 22:38:05 JST; 1s ago
Process: 16668 ExecStop=/usr/local/vpnserver/vpnserver stop (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 17045 ExecStart=/usr/local/vpnserver/vpnserver start (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 17047 (vpnserver)
CGroup: /system.slice/vpnserver.service
tq17047 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc
mq17048 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc

無事起動したのでクライアントから接続を確認して終了。

あらいやオートコーナーに行ってきた。

伝説の弁当自動販売機「あらいやオートコーナー」行ってきました。

ここは、レトロな自動販売機から手作りのお弁当が出てくるので有名なお店です。
国道51号を走っているとカーブの横にあります。
車を止めれるのは2台? 国道と並行している道に路駐してささっと買ってくるって感じでしょうか。

あらいやオートコーナー
あらいやオートコーナー

二人位食べれるテーブルが中に一つ、外には電線のドラム?を置いてあって食べれるようになってました。

あらいやオートコーナー 弁当自販機
あらいやオートコーナー 弁当自販機

噂の自販機です。
メニューは焼肉弁当と唐揚げ弁当の2つです。
自分が行った時、ちょうど補充がおわったような感じでした。
500円やお札が使えないので外の自販機で飲み物でも買うといいですね。

買ってみたところです。

あらいやオートコーナー 弁当取り方
あらいやオートコーナー 弁当取り方
出てきた音はしましたが物が全然見えなかったので一瞬焦りましたが
手を奥に入れてみるとホカホカのお弁当がありました。

あらいやオートコーナー 唐揚げ弁当
あらいやオートコーナー 唐揚げ弁当

自分は焼肉弁当ではなく唐揚げ弁当を食べました。
食べた感想は・・。 おいしいです。
容器の都合かあまり大きくないので2個買って食べてもいいでしょう。

中にはほかにテーブルゲームや自販機がありました。

あらいやオートコーナー
あらいやオートコーナー

今度は焼肉弁当を食べてみたいと思います。

鹿島サッカースタジムに行ってきた。

鹿島サッカースタジアムに行ってきました。

試合の無い平日昼間だったのでほとんど誰も居ませんでした。

鹿島サッカースタジアム
鹿島サッカースタジアム

スタジアム前に像が立っております。
神様ジーコの像です。
これを見に来たと言っても過言ではありません。

ジーコ像
ジーコ像

後ろ姿です。
ジーコ像
ジーコ像

アントラーズの前身、住金時代にジーコの入団を知った時には鳥肌が立ちました。
更に、ニュースで千歳の住金の合宿でジーコが北海道に来てると知り驚いた記憶があります。

更に歴代の鹿島に所属した足形がありました。

ジーコ 足形
ジーコ 足形

ジーコだけ両足です。
ジーコ 足形 両足
ジーコ 足形 両足

鹿島と言えば、ジーコが連れてきた素晴らしいブラジル人選手たちがおもいだされますね。
その中でも驚異の得点力を誇ったアルシンド。

アルシンド 足形
アルシンド 足形

当時現役ブラジル代表左SBで素晴らしいプレーを見せてくれたレオナルド

レオナルド 足形
レオナルド 足形

同じくブラジル代表右SBのジョルジーニョ
右からのCKを右のアウトサイドでカーブをかけてゴールに向かうボールを蹴っていたのが変態的で記憶にのこってます。

ジョルジーニョ 足形
ジョルジーニョ 足形

この日は桜がきれいでした。

鹿島サッカースタジアム 桜
鹿島サッカースタジアム 桜

お花見の人はいませんでした。

鹿島サッカースタジアム 桜
鹿島サッカースタジアム 桜
ジーコ像
ジーコ像
鹿島サッカースタジアム
鹿島サッカースタジアム

今度は試合を見に来たいものです。

ドラえもんのトミカを買った。

ふとトミカコーナーを見ていると車じゃないものが置いてあるじゃないですか
何かと思うと「ドラえもん」です。

ドラえもんのトミカなんてあるんですね。

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

思わず買ってしまいました。
正式名称は
「トミカ ドリームトミカ ライドオン R04 ドラえもん×タイムマシン 」
というらしいです。

中を開けるとこんな感じ

ドラえもん トミカ
ドラえもん トミカ

ドラえもんとタイムマシンのセットです。

パーツはこんな感じ

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

タイムマシンとそのライト?とドラえもんです。

組み立ててみました。

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

かなりリアルです。

ドラえもんの手も動きます! 

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

こんなに小さいのにすごいです。

後ろから見るとこんな感じ

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

いやー小さいのによく出来てますね。

後ろにも乗せれます。

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

のび太君も売っているのかな???

タイムマシンの操縦席

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

しっかり作っててびっくりです。

タイヤも付いているので走らせて遊ぶ事もできます。

ドラえもんのトミカ
ドラえもんのトミカ

他にも集めてみたくなりました。

zabbixを4.0.0rc3から4.2へupgradeしてみた。

自宅サーバーのzabbixは現在Zabbix 4.0.0rc3です。
これを4.2系にupgradeしてみようと思います。

まずはこちらのサイトから
リポジトリをインストールします。

# yum localinstall http://repo.zabbix.com/zabbix/4.1/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.1-1.el7.noarch.rpm
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
zabbix-release-4.1-1.el7.noarch.rpm | 13 kB 00:00
/var/tmp/yum-root-fgiyaH/zabbix-release-4.1-1.el7.noarch.rpm を調べています: zabbix-release-4.1-1.el7.noarch
次のリポジトリーへの更新として /var/tmp/yum-root-fgiyaH/zabbix-release-4.1-1.el7.noarch.rpm を設定します: zabbix-release-3.5-1.el7.noarch
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:3.5-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:4.1-1.el7 を アップデート
略~
Running transaction
更新します : zabbix-release-4.1-1.el7.noarch 1/2
整理中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2
検証中 : zabbix-release-4.1-1.el7.noarch 1/2
検証中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2

更新:
zabbix-release.noarch 0:4.1-1.el7

完了しました!

次にリポジトリをきれいにします。

# yum clean all

check-updateで新しいzabbixが降ってくるか確認

# yum check-update
略~
zabbix-non-supported/x86_64/primary | 1.6 kB 00:00
zabbix-non-supported 4/4

zabbix-agent.x86_64 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.2.0-0.5rc1.el7 zabbix

来てますね。
他にupdateもないのでyum -y updateで行きます。

# yum -y update
略~

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.2.0-0.5rc1.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.2.0-0.5rc1.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.2.0-0.5rc1.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.2.0-0.5rc1.el7
zabbix-web.noarch 0:4.2.0-0.5rc1.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.2.0-0.5rc1.el7

完了しました!

問題なくupgrade出来たようです。

ブラウザでzabbixをリロードしてみると画面の一番下に
Zabbix 4.2.0rc1. © 2001–2019, Zabbix SIA
と表示されております。

無事に完了したようです。