KATOのチビ電がガクガクギクシャク走るのを直してみた。

息子の初めてのNゲージとして手ごろそうだったので
KATO Nゲージ チビ電 ぼくの街の路面電車 を購入しました。

小さくてかわいいのでいいなあと思いましたが、いざ走らせてみると
ガクガクギクシャク走ってまともに走りません・・・。 購入したお店に相談した所
交換してくれましたが、交換した車両もまともに走らず息子もがっくり・・

そこで、自分で直せないのもかやってみました。

まず、中がどうなっているのか見るためにボディーをとります。
ボディーの四隅につめが有り車体にひっかけてるだけですので、ボディーを広げつめを外すことで取る事が出来ました。

こちらはボディーが取れて車体がむき出しになった所です。
モーターカバー?も、つめで引っ掛かってるようですがここを開けるのは今回はやめておきます・・。

ひとまず車輪や軸受けに注油してきれいにしてみます。
こんな感じでKURE2-26を軽くひと吹き あまり大量に吹くとギトギトになります。

ちなみにこのKURE 2-26 ミニ四駆界隈の人にはおなじみですね。
モーターのブラシに注すと凄い効果がでます。

created by Rinker
¥709 (2024/06/24 13:52:55時点 楽天市場調べ-詳細)

余分な脂は綿棒やキムワイプで拭き取りました。
線路も同様にオイルをつけてキムワイプで軽く拭いてます。

さて、どうなったかというと・・。
実際に修理前と修理後の比較動画を作成しましたのでよろしかったらどうぞ!

快調に走る様になり子供も大喜びでした。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です