zabbix-agentを4.2から4.4にアップグレードした。

前回zabbix-serverのバージョンを4.2から4.4にアップグレードしたのに合わせて
監視対象のzabbix-agentも4.4にアップグレードしました。

4.4のリポジトリをインストールして

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

リポジトリをきれいにして

# yum clean all

update確認

# yum check-update
略~
zabbix-non-supported/x86_64/primary | 1.6 kB 00:00
zabbix-non-supported 4/4

zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

バージョン4.4のzabbix-agentが落ちてくるのを確認

アップグレードです。

# yum -y update
略~
新します:
zabbix-agent x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix 416 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新 1 パッケージ

総ダウンロード容量: 416 k
Downloading packages:
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64.rpm | 416 kB 00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.con f.rpmnew
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

zabbix-serverからgetしてバージョンを確認

# zabbix_get -s 監視対象のIP -k agent.version
4.4.0alpha2

無事にアップグレード完了です。

zabbixを4.2から4.4にアップグレードした。

zabbixのバージョン4.4が出たようなので4.2からアップグレードしてみました。

現在使用しているzabbixのバージョンは↓

# rpm -qa | grep zabbix*
zabbix-release-4.2-2.el7.noarch
zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64

zabbix公式repoから4.4のリポジトリをインストールします。

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

バージョン4.3となってますが4.4が落ちてくるので問題なしです。

お約束のリポジトリをきれいにして

# yum clean all

チェックアップデートです。

# yum check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
略~
zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

zabbix4.4が落ちてくるのが確認できました。

zabbixしかupdate対象が無いので一気に行きます。
どきどきです。

# yum -y update
略~
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 1/14
更新します : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 2/14
更新します : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 3/14
更新します : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 4/14
更新します : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 5/14
更新します : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 6/14
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 7/14
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.rpmnew
整理中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
整理中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
整理中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
整理中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
整理中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
整理中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/14
検証中 : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 2/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 3/14
検証中 : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 4/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 5/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 6/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 7/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
検証中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
検証中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-japanese.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

普通にアップグレードが完了してしまいました。

GUI上でもZabbix 4.4.0alpha2.と表示されておりzabbixの動作も問題ありません。
zabbix4.2から4.4へのアップグレードは何事もなく終了してちょっと拍子抜けでした。

iscsiのsessionsが切れず再起動が出来なかった。

iscsiのsessions time outまでrebootが出来なかったので対処しました。

コンソールには以下のメッセージが表示されてずっと停止処理が終わらない・・

stopped logout off all iscsi sessions on shutdown

time out時に赤字でメッセージが表示されてましたが記録できませんでしたが
20分でiscsi sessionsタイムアウトのようです。

デフォルトでiscsi-shutdownというサービスが
起動しているようでこれが原因だったようです。

これを停止する為には、iscsi.serviceを停止する必要があります。
iscsiは使用していないのでiscsi.serviceを起動しないようにして

# systemctl disable iscsi.service

再起動もすぐ出来るようになりました。

zabbix新規インストール時のphp-mysqlの依存関係の対処

nginx php7の環境でZABBIXを新規構築しようとすると必ず何かしらの依存関係でこけます。(じぶんだけ??)

今回も新規でzabbix4.2.3-1をインストールしようとして依存関係に悩まされました。


こんな感じでインストールしようとすると

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

↓の様に文句を言われてインストールできません。

エラー: パッケージ: zabbix-web-mysql-4.2.3-1.el7.noarch (zabbix)
要求: php-mysql
利用可能: php-mysql-5.4.16-46.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-46.el7
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-46.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-46.el7
利用可能: php-pecl-mysql-1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3.x86_64 (remi-php73)
php-mysql = 1:1.0.0
インストール: php-mysqlnd-7.3.6-3.el7.remi.x86_64 (@remi-php73)
見つかりません
利用可能: php-mysqlnd-7.3.5-1.el7.remi.x86_64 (remi-php73)
見つかりません
問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

php-mysqlがphp7ではない感じです。

こういう時は先にphp-pecl-mysql.x86_64をインストールをすれば良いようです。

以下はインストール時のログです。

# yum install php-pecl-mysql.x86_64
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* remi-php73: ftp.riken.jp
* remi-safe: ftp.riken.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ php-pecl-mysql.x86_64 0:1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=============================================================================================================================================================================================
Package アーキテクチャー バージョン リポジトリー 容量
=============================================================================================================================================================================================
インストール中:
php-pecl-mysql x86_64 1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3 remi-php73 38 k

トランザクションの要約
=============================================================================================================================================================================================
インストール 1 パッケージ
続きを読む "zabbix新規インストール時のphp-mysqlの依存関係の対処"

zabbixをupdateしたら管理画面が見えなくなった。

先日、zabbixのバージョンを4.2.2-1に上げた所、guiの管理画面が見えなくなってしまいました。
次のバージョンで修正されると思いますが対処

こんな感じでzabbixの管理GUIがエラーに

Insufficient file system permissions.
Insufficient file system permissions.

エラー画面には↓の様に
表示されております。

Insufficient file system permissions.
Assets cache directory is not writable.

キャッシュディレクトリに書き込み権限がないよと言っていますね。
なのでパーミッションを変更
現状こんな感じになっているのを

# ls -al /usr/share/zabbix/assets/
合計 8
drwxr-xr-x 5 root root 44 5月 30 22:49 .
drwxr-xr-x 12 root root 4096 5月 30 22:49 ..
drwxr-xr-x 2 root root 6 5月 28 21:53 fonts
drwxr-xr-x 2 root root 302 5月 30 22:49 img
drwxr-xr-x 2 root root 89 5月 30 22:49 styles

こんな感じに変更

# chmod 777 /usr/share/zabbix/assets

変更した瞬間、管理画面がみえるようになりました。

bonding設定メモ

よく忘れるので自分の為のメモ

OSはCentos7 サーバーは物理NIC二枚刺し
1枚目のethはem1、2枚目のethはp2p1 
これを束ねてbondingにする設定です。
bond0に割り当てるIPは「192.168.1.100」
GWは「192.168.1.1」
DNSはgoogleの8.8.8.8と8.8.4.4です。

流すコマンドはこんな感じ

# nmcli connection add type bond autoconnect no con-name bond0 ifname bond0 mode active-backup
# nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname em1 master bond0
# nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname p2p1 master bond0
# nmcli c mod bond0 ipv4.method manual ipv4.address "192.168.1.100/24" ipv4.gateway "192.168.1.1" ipv6.method ignore
# nmcli c mod bond0 ipv4.dns 8.8.8.8,8.8.4.4
# nmcli c m em2 connection.autoconnect no
# nmcli c m bond-slave-em1 connection.autoconnect yes
# nmcli c m bond-slave-p2p1 connection.autoconnect yes
# nmcli c m bond0 connection.autoconnect yes
# nmcli -f ipv4 c s bond0

あとは、抜線テストやら動作確認を行って完了です。

SoftEther VPN Serverをアップデートしてみた。

SoftEther VPN Serverを導入してから
一度もアップデートしてなかったのでアップデートをしてみました。

現時点での最新は
SoftEther VPN Server (Ver 4.29, Build 9680, rtm)となっておりますので
これにアップデートしてみました。

まずは現状の確認
クライアントからVPN接続できることを確認。
サーバー上でのプロセス確認。

# systemctl status vpnserver
● vpnserver.service - SoftEther VPN Server
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/vpnserver.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 木 2019-03-28 23:43:14 JST; 4 days ago
Main PID: 3038 (vpnserver)
CGroup: /system.slice/vpnserver.service
tq3038 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc
mq3040 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc

SoftEther VPNがインストールされている場所は

/usr/local/vpnserver/vpnserver

です。

まずはサービスを停止します。

# systemctl stop vpnserver

適当な場所に最新版のSoftEther VPN Serverをwgetで落としてきて

# wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.29-9680-rtm-2019.02.28-tree/Linux/SoftEther_VPN_Server/64bit_-_Intel_x64_or_AMD64/softether-vpnserver-v4.29-9680-rtm-2019.02.28-linux-x64-64bit.tar.gz

解凍

# tar zxvf softether-vpnserver-v4.29-9680-rtm-2019.02.28-linux-x64-64bit.tar.gz

中に入って

# cd vpnserver/

makeします。

# make

ライセンスやら確認がずらずら出ますが、ひたすら「1. Yes」を押下します。

makeが終わったら作業前に現環境をバックアップ

# pwd
/usr/local
# mv vpnserver vpnserver_20190402

解凍したvpnserverディレクトリと入れ替えます。
# pwd
/usr/local
# mv /root/bin/vpnserver ./

パーミッションを本番同様に変更します。

# cd /usr/local/vpnserver
# chmod 600 ./*
# chmod 700 vpnserver
# chmod 700 vpncmd

元のconfigファイルを持ってきます。

# cp -P ../vpnserver_20190402/vpn_server.config ./

それでは起動します。

# systemctl start vpnserver

確認

# systemctl status vpnserver
● vpnserver.service - SoftEther VPN Server
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/vpnserver.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 火 2019-04-02 22:38:05 JST; 1s ago
Process: 16668 ExecStop=/usr/local/vpnserver/vpnserver stop (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 17045 ExecStart=/usr/local/vpnserver/vpnserver start (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 17047 (vpnserver)
CGroup: /system.slice/vpnserver.service
tq17047 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc
mq17048 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc

無事起動したのでクライアントから接続を確認して終了。