MariaDBのSLAVE STATUSがzabbix 5.0.1で取得できなかったので対処した

新規に構築したサーバーでmysql(mariadb)のslave statusをzabbixで取れなくなったので対処した。
色んなサイトにzabbixでレプリケーション監視設定方法は載っているので省きます。

各バージョンは

CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
Server version: 10.5.3-MariaDB MariaDB Server
zabbix_agentd (daemon) (Zabbix) 5.0.1

slave のレプリケーション監視の仕込みが終わりコマンドで確認を実施した所

# HOME=/var/lib/zabbix mysql -e "SHOW SLAVE STATUS\G"
ERROR 1227 (42000) at line 1: Access denied; you need (at least one of) the SUPER, REPLICATION SLAVE ADMIN privilege(s) for this operation

こんな感じで以前は取得出来ていましたが出来なくなってます。

権限周りが変わってるようですので確認します。

MariaDB [(none)]> show privileges;

をたたくとレプリケーションに関係ありそうなのが

| Binlog admin | Server | To purge binary logs |
| Binlog monitor | Server | To use SHOW BINLOG STATUS and SHOW BINARY LOG |
| Replication master admin | Server | To monitor connected slaves |
| Replication slave admin | Server | To start/monitor/stop slave and apply binlog events |
| Replication slave | Server Admin | To read binary log events from the master |

こんな感じで出てきましたので
エラーで指示されていたReplication slave adminを指定してGRANTしてみます。

MariaDB [(none)]> GRANT Replication slave admin ON *.* TO 'zabbixagent'@'localhost' IDENTIFIED BY 'hogegegege';
Query OK, 0 rows affected (0.001 sec)

再度コマンドを実行した所

# HOME=/var/lib/zabbix mysql -e "SHOW SLAVE STATUS\G"
*************************** 1. row ***************************
Slave_IO_State: Waiting for master to send event
Master_Host: ***.***.***.***
Master_User: replication
Master_Port: 3306
Connect_Retry: 60
Master_Log_File: mysql-bin.000001
Read_Master_Log_Pos: 139614521
Relay_Log_File: www3-relay-bin.000009
Relay_Log_Pos: 5306
Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000001
Slave_IO_Running: Yes
Slave_SQL_Running: Yes
Replicate_Do_DB:
Replicate_Ignore_DB:
Replicate_Do_Table:
Replicate_Ignore_Table:
Replicate_Wild_Do_Table:
Replicate_Wild_Ignore_Table:
Last_Errno: 0
Last_Error:
Skip_Counter: 0
Exec_Master_Log_Pos: 139614521
Relay_Log_Space: 5614
Until_Condition: None
Until_Log_File:
Until_Log_Pos: 0
Master_SSL_Allowed: No
Master_SSL_CA_File:
Master_SSL_CA_Path:
Master_SSL_Cert:
Master_SSL_Cipher:
Master_SSL_Key:
Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
Last_IO_Errno: 0
Last_IO_Error:
Last_SQL_Errno: 0
Last_SQL_Error:
Replicate_Ignore_Server_Ids:
Master_Server_Id: 1
Master_SSL_Crl:
Master_SSL_Crlpath:
Using_Gtid: No
Gtid_IO_Pos:
Replicate_Do_Domain_Ids:
Replicate_Ignore_Domain_Ids:
Parallel_Mode: optimistic
SQL_Delay: 0
SQL_Remaining_Delay: NULL
Slave_SQL_Running_State: Slave has read all relay log; waiting for more updates
Slave_DDL_Groups: 0
Slave_Non_Transactional_Groups: 0
Slave_Transactional_Groups: 6

取得出来ました。
これでzabbixでレプリケーションの監視が出来ました。

zabbix serverを5.0 LTSにupdateした。

Zabbix 5.0LTSが出たのでzabbixのバージョンを上げてみました。
OSはCentOS Linux release 8.1.1911です。

現在のバージョンは

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.8
Revision 3d7663fd7c 27 April 2020, compilation time: Apr 27 2020 13:24:19

です。

まずは、zabbix5.0のリポジトリをサーバーにインストールします。

# dnf localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm
メタデータの期限切れの最終確認: 0:32:31 時間前の 2020年05月23日 00時45分01秒 に 実施しました。
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm 31 kB/s | 18 kB 00:00
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-release noarch 5.0-1.el8 @commandline 18 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 1 パッケージ

合計サイズ: 18 k
これでよろしいですか? [y/N]: y
パッケージのダウンロード:
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
アップグレード中 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
整理 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2
検証 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
検証 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2

アップグレード済み:
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch

完了しました!

既存のzabbix 4.4のrepoを上書きしてくれました。

check-updateで確認します。

# dnf check-update
Zabbix Official Repository - x86_64 30 kB/s | 14 kB 00:00

zabbix-agent2.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix

zabbix5.0がupdate対象として表示されました。

それでは、いよいよzabbix5.0にupdateです。

# dnf -y update
メタデータの期限切れの最終確認: 0:00:16 時間前の 2020年05月23日 01時17分51秒 に 実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-agent2 x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 4.1 M
zabbix-server-mysql x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 2.6 M
zabbix-web noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 3.0 M
zabbix-web-japanese noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 16 k
zabbix-web-mysql noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 15 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 5 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 9.8 M
パッケージのダウンロード:
(1/5): zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64.r 2.5 MB/s | 2.6 MB 00:01
(2/5): zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 2.6 MB/s | 3.0 MB 00:01
(3/5): zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch.r 142 kB/s | 16 kB 00:00
(4/5): zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 135 kB/s | 15 kB 00:00
(5/5): zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64.rpm 3.2 MB/s | 4.1 MB 00:01
--------------------------------------------------------------------------------
合計 7.6 MB/s | 9.8 MB 00:01
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
scriptletの実行中: zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/1
アップグレード中 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/10
アップグレード中 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
scriptletの実行中: zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
アップグレード中 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
アップグレード中 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_server.conf は /etc/zabbix/zabbix_server.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
アップグレード中 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf は /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
整理 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
scriptletの実行中: zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
整理 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
整理 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
検証 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 1/10
検証 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 2/10
検証 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 3/10
検証 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 4/10
検証 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 5/10
検証 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
検証 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 7/10
検証 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
検証 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 9/10
検証 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 10/10

アップグレード済み:
zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64
zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch

完了しました!

バージョン確認

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 5.0.0
Revision 9665d62db0 11 May 2020, compilation time: May 11 2020 14:31:28

何事もなく完了しました。
しかし、GUIのレイアウトが変わったので操作に戸惑いそうです。。

zabbix-serverが起動に失敗する。

構築時は普通に稼働していたzabbix-serverですが、
監視対象を追加していくと、ある時からzabbixが落ちる→起動失敗が連続していた。
手動でzabbix-serverを起動しようとしても無理なので対処。

環境はこんな感じ

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
# rpm -qa | grep zabbix
zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-release-4.4-1.el8.noarch

ログを見ると

May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Service RestartSec=10s expired, scheduling restart.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Scheduled restart job, restart counter is at 6.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Stopped Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Starting Zabbix Server...
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Can't open PID file /run/zabbix/zabbix_server.pid (yet?) after start: No such file or directory
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Supervising process 120150 which is not our child. We'll most likely not notice when it exits.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Started Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 kill[120153]: kill: 十分な引数がありません
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.

こんな感じでsystemdの自動再起動が走ってコケてを繰り返しています。

監視対象追加が起因していると思われますのでzabbixの設定を見てみます。

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

のCacheSizeが
デフォルトのままでしたので32Mに増やします。

### Option: CacheSize
# Size of configuration cache, in bytes.
# Shared memory size for storing host, item and trigger data.
#
# Mandatory: no
# Range: 128K-8G
# Default:
# CacheSize=8M
CacheSize=32M

これで、zabbix-serverの起動が出来るようになりました。

zabbixを4.4.0rc1から4.4にアップグレードした。

数か月前になりますが正式にzabbixの4.4系がリリースされたのでupgradeしてみました。

現在のバージョンは

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.0rc1

です。

これを正式バージョンにあげます。
リポジトリを入れ替えます。

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm | 14 kB 00:00
/var/tmp/yum-root-F2cKtl/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm を調べています: zabbix-release-4.4-1.el7.noarch
次のリポジトリーへの更新として /var/tmp/yum-root-F2cKtl/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm を設定します: zabbix-release-4.3-3.el7.noarch
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:4.3-3.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:4.4-1.el7 を アップデート
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
Package アーキテクチャー
バージョン リポジトリー 容量
================================================================================
更新します:
zabbix-release noarch 4.4-1.el7 /zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 22 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新 1 パッケージ

合計容量: 22 k
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
更新します : zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 1/2
整理中 : zabbix-release-4.3-3.el7.noarch 2/2
検証中 : zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 1/2
検証中 : zabbix-release-4.3-3.el7.noarch 2/2

更新:
zabbix-release.noarch 0:4.4-1.el7

完了しました!

update確認

# yum check-update

zabbix-agent.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix

4.4.4-1がインストールされるようです。
対象はzabbix関連だけなのでupdateで上げます。

# yum -y update

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web.noarch 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web-japanese.noarch 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.4.4-1.el7

完了しました!

普通に上がりました。

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.4

GUI上でも

Zabbix 4.4.4. © 2001–2019, Zabbix SIA

と表示されたので無事完了です。

zabbix-agentを4.2から4.4にアップグレードした。

前回zabbix-serverのバージョンを4.2から4.4にアップグレードしたのに合わせて
監視対象のzabbix-agentも4.4にアップグレードしました。

4.4のリポジトリをインストールして

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

リポジトリをきれいにして

# yum clean all

update確認

# yum check-update
略~
zabbix-non-supported/x86_64/primary | 1.6 kB 00:00
zabbix-non-supported 4/4

zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

バージョン4.4のzabbix-agentが落ちてくるのを確認

アップグレードです。

# yum -y update
略~
新します:
zabbix-agent x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix 416 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新 1 パッケージ

総ダウンロード容量: 416 k
Downloading packages:
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64.rpm | 416 kB 00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.con f.rpmnew
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

zabbix-serverからgetしてバージョンを確認

# zabbix_get -s 監視対象のIP -k agent.version
4.4.0alpha2

無事にアップグレード完了です。

zabbixを4.2から4.4にアップグレードした。

zabbixのバージョン4.4が出たようなので4.2からアップグレードしてみました。

現在使用しているzabbixのバージョンは↓

# rpm -qa | grep zabbix*
zabbix-release-4.2-2.el7.noarch
zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64

zabbix公式repoから4.4のリポジトリをインストールします。

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

バージョン4.3となってますが4.4が落ちてくるので問題なしです。

お約束のリポジトリをきれいにして

# yum clean all

チェックアップデートです。

# yum check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
略~
zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

zabbix4.4が落ちてくるのが確認できました。

zabbixしかupdate対象が無いので一気に行きます。
どきどきです。

# yum -y update
略~
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 1/14
更新します : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 2/14
更新します : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 3/14
更新します : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 4/14
更新します : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 5/14
更新します : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 6/14
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 7/14
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.rpmnew
整理中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
整理中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
整理中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
整理中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
整理中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
整理中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/14
検証中 : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 2/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 3/14
検証中 : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 4/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 5/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 6/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 7/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
検証中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
検証中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-japanese.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

普通にアップグレードが完了してしまいました。

GUI上でもZabbix 4.4.0alpha2.と表示されておりzabbixの動作も問題ありません。
zabbix4.2から4.4へのアップグレードは何事もなく終了してちょっと拍子抜けでした。

zabbixで「Less than 25% free in the configuration cache」の対処

zabbixで監視アイテムを増やしてくと↓のアラートが出てくる時があります。

Less than 25% free in the configuration cache

キャッシュ容量が足りなくなってるよって言っています。
監視に影響が出てくる恐れがあるので対処します。

以下のパラメーターを変更する。

# vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf

### Option: CacheSize
# Size of configuration cache, in bytes.
# Shared memory size for storing host, item and trigger data.
#
# Mandatory: no
# Range: 128K-8G
# Default:
# CacheSize=8M
CacheSize=64M

デフォルトでzabbixが持てるキャッシュが8Mなようなので
64Mまで上げます。
サーバーのスペックとここは相談ですね。
その後

# systemctl restart zabbix-server

zabbix serverを再起動でアラートは消えました。