zabbixで「Less than 25% free in the configuration cache」の対処

zabbixで監視アイテムを増やしてくと↓のアラートが出てくる時があります。

Less than 25% free in the configuration cache

キャッシュ容量が足りなくなってるよって言っています。
監視に影響が出てくる恐れがあるので対処します。

以下のパラメーターを変更する。

# vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf

### Option: CacheSize
# Size of configuration cache, in bytes.
# Shared memory size for storing host, item and trigger data.
#
# Mandatory: no
# Range: 128K-8G
# Default:
# CacheSize=8M
CacheSize=64M

デフォルトでzabbixが持てるキャッシュが8Mなようなので
64Mまで上げます。
サーバーのスペックとここは相談ですね。
その後

# systemctl restart zabbix-server

zabbix serverを再起動でアラートは消えました。

zabbix新規インストール時のphp-mysqlの依存関係の対処

nginx php7の環境でZABBIXを新規構築しようとすると必ず何かしらの依存関係でこけます。(じぶんだけ??)

今回も新規でzabbix4.2.3-1をインストールしようとして依存関係に悩まされました。


こんな感じでインストールしようとすると

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

↓の様に文句を言われてインストールできません。

エラー: パッケージ: zabbix-web-mysql-4.2.3-1.el7.noarch (zabbix)
要求: php-mysql
利用可能: php-mysql-5.4.16-46.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-46.el7
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-46.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-46.el7
利用可能: php-pecl-mysql-1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3.x86_64 (remi-php73)
php-mysql = 1:1.0.0
インストール: php-mysqlnd-7.3.6-3.el7.remi.x86_64 (@remi-php73)
見つかりません
利用可能: php-mysqlnd-7.3.5-1.el7.remi.x86_64 (remi-php73)
見つかりません
問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

php-mysqlがphp7ではない感じです。

こういう時は先にphp-pecl-mysql.x86_64をインストールをすれば良いようです。

以下はインストール時のログです。

# yum install php-pecl-mysql.x86_64
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* remi-php73: ftp.riken.jp
* remi-safe: ftp.riken.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ php-pecl-mysql.x86_64 0:1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=============================================================================================================================================================================================
Package アーキテクチャー バージョン リポジトリー 容量
=============================================================================================================================================================================================
インストール中:
php-pecl-mysql x86_64 1.0.0-0.20.20180226.647c933.el7.remi.7.3 remi-php73 38 k

トランザクションの要約
=============================================================================================================================================================================================
インストール 1 パッケージ
続きを読む "zabbix新規インストール時のphp-mysqlの依存関係の対処"

zabbixをupdateしたら管理画面が見えなくなった。

先日、zabbixのバージョンを4.2.2-1に上げた所、guiの管理画面が見えなくなってしまいました。
次のバージョンで修正されると思いますが対処

こんな感じでzabbixの管理GUIがエラーに

Insufficient file system permissions.
Insufficient file system permissions.

エラー画面には↓の様に
表示されております。

Insufficient file system permissions.
Assets cache directory is not writable.

キャッシュディレクトリに書き込み権限がないよと言っていますね。
なのでパーミッションを変更
現状こんな感じになっているのを

# ls -al /usr/share/zabbix/assets/
合計 8
drwxr-xr-x 5 root root 44 5月 30 22:49 .
drwxr-xr-x 12 root root 4096 5月 30 22:49 ..
drwxr-xr-x 2 root root 6 5月 28 21:53 fonts
drwxr-xr-x 2 root root 302 5月 30 22:49 img
drwxr-xr-x 2 root root 89 5月 30 22:49 styles

こんな感じに変更

# chmod 777 /usr/share/zabbix/assets

変更した瞬間、管理画面がみえるようになりました。

zabbix-agentも4.2にアップグレードしてみた。

前回、zabbix-server他まとめて全部4.2にアップグレードしました。
今回はzabbix-agentのみを4.2にアップグレードしてみました。

現在のzabbix-agentのバージョンは
zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3です。

使用しているzabbix-releaseは
zabbix-release-3.5-1.el7です。

それでは前回同様最新のzabbix-releaseをインストールします。

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm
略~
更新します : zabbix-release-4.2-1.el7.noarch 1/2
整理中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2
検証中 : zabbix-release-4.2-1.el7.noarch 1/2
検証中 : zabbix-release-3.5-1.el7.noarch 2/2

更新:
zabbix-release.noarch 0:4.2-1.el7

完了しました!

リポジトリをきれいにしてupdate確認

# yum clean all
# yum check-udpate

他にupdateがなかったので一気にいきます。

# yum -y update
略~
Running transaction
更新します : zabbix-agent-4.2.0-1.el7.x86_64 1/2
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.rpmnew
整理中 : zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3.el7.x86_64 2/2
検証中 : zabbix-agent-4.2.0-1.el7.x86_64 1/2
検証中 : zabbix-agent-4.0.0-1.1rc3.el7.x86_64 2/2

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.2.0-1.el7

完了しました!

エージェントを停止・起動・ステータス確認

# systemctl stop zabbix-agent
# systemctl start zabbix-agent
# systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 月 2019-04-15 22:36:51 JST; 2s ago
略~

問題なくエージェントが起動してます。

zabbix-serverからエージェントのバージョンを確認してみます。

# zabbix_get -s 監視対象サーバーのIP -k agent.version
4.2.0

問題なく4.2にバージョンアップできました。

Zabbix 4.2にバージョンアップしてみた。

4月4日にZabbix 4.2が正式に発表されたのでバージョンアップをしてみました。

今までのバージョンはZabbix 4.2.0rc2です。

サーバーにインストールされているzabbix-releaseは

# rpm -qa | grep zabbix-release
zabbix-release-4.1-1.el7.noarch

です。

まずは、4.2のzabbix-releaseをインストール

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm

次にリポジトリをきれいに

# yum clean all

アップデート確認

# yum check-update

zabbix-agent.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.2.0-1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.2.0-1.el7 zabbix

4.2系が落ちてきてます。

バージョンアップ

# yum -y update
略~
更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.2.0-1.el7
zabbix-web.noarch 0:4.2.0-1.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.2.0-1.el7

完了しました

成功です。

webのGUIでも確認
リロードしてみるとページの一番下にZabbix 4.2.0と表示されました。
更にagentからも確認

# zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
4.2.0

監視も正常に動いているので問題はないようです。

zabbix4系Zabbix 4.0.0alpha6をインストールしてみた。

最新のzabbix 4.0.0alpha6を試してみました。
zabbixを入れるサーバーのPHPのバージョンは以下

# php -v
PHP 7.2.5 (cli) (built: Apr 24 2018 19:12:06) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

zabbixの公式サイトからリポジトリをインストールしておきます。

# rpm -i https://repo.zabbix.com/zabbix/3.5/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.5-1.el7.noarch.rpm

zabbix4をインストールします。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-proxy-mysql zabbix-web-mysql
読み込んだプラグイン:fastestmirror
略・・・・
--> 依存性解決を終了しました。
エラー: パッケージ: zabbix-web-mysql-4.0.0-1.1alpha5.el7.noarch (zabbix)
要求: php-mysql
利用可能: php-mysql-5.4.16-42.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-42.el7
利用可能: php-mysql-5.4.16-43.el7_4.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4
利用可能: php-mysql-5.4.16-43.el7_4.1.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4.1
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-42.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-42.el7
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-43.el7_4.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-43.el7_4.1.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4.1
利用可能: php-pecl-mysql-1.0.0-0.17.20160812git230a828.el7.remi.7.2.x86_64 (remi-php72)
php-mysql = 1:1.0.0
利用可能: php-mysqlnd-7.2.4-1.el7.remi.x86_64 (remi-php72)
見つかりません
利用可能: php-mysqlnd-7.2.5-1.el7.remi.x86_64 (remi-php72)
見つかりません
問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

こけました。。。
php-mysqlndでコケたので個別で入れてみます。

# yum install php-mysqlnd
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* elrepo: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
* epel: mirror.dmmlabs.jp
* extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* remi-php72: mirrors.thzhost.com

略・・・

インストール:
php-mysqlnd.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi

依存性関連をインストールしました:
php-pdo.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi

完了しました!

無事にインストールできたので再度zabbix4をインストールします。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-proxy-mysql zabbix-web-mysql
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* elrepo: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
* epel: ftp.tsukuba.wide.ad.jp

略・・・

エラー: パッケージ: zabbix-web-mysql-4.0.0-1.1alpha5.el7.noarch (zabbix)
要求: php-mysql
利用可能: php-mysql-5.4.16-42.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-42.el7
利用可能: php-mysql-5.4.16-43.el7_4.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4
利用可能: php-mysql-5.4.16-43.el7_4.1.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4.1
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-42.el7.x86_64 (base)
php-mysql = 5.4.16-42.el7
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-43.el7_4.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4
利用可能: php-mysqlnd-5.4.16-43.el7_4.1.x86_64 (updates)
php-mysql = 5.4.16-43.el7_4.1
利用可能: php-pecl-mysql-1.0.0-0.17.20160812git230a828.el7.remi.7.2.x86_64 (remi-php72)
php-mysql = 1:1.0.0
インストール: php-mysqlnd-7.2.5-1.el7.remi.x86_64 (@remi-php72)
見つかりません
利用可能: php-mysqlnd-7.2.4-1.el7.remi.x86_64 (remi-php72)
見つかりません
問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

またコケました今度はphp-mysqlの依存関係のようです。
php-mysqlを依存関係でインストールされないようexcludeにします。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-proxy-mysql zabbix-web-mysql --exclude=php-mysql*
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* elrepo: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
* epel: mirror.dmmlabs.jp

略・・・

インストール:
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.0.0-1.1alpha5.el7 zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.0.0-1.1alpha5.el7 zabbix-web-mysql.noarch 0:4.0.0-1.1alpha5.el7

依存性関連をインストールしました:
OpenIPMI-libs.x86_64 0:2.0.19-15.el7 OpenIPMI-modalias.x86_64 0:2.0.19-15.el7
dejavu-fonts-common.noarch 0:2.33-6.el7 dejavu-sans-fonts.noarch 0:2.33-6.el7
fontconfig.x86_64 0:2.10.95-11.el7 fontpackages-filesystem.noarch 0:1.44-8.el7
fping.x86_64 0:3.10-4.el7 gd-last.x86_64 0:2.2.5-2.el7.remi
iksemel.x86_64 0:1.4-6.el7 jbigkit-libs.x86_64 0:2.0-11.el7
libX11.x86_64 0:1.6.5-1.el7 libX11-common.noarch 0:1.6.5-1.el7
libXau.x86_64 0:1.0.8-2.1.el7 libXpm.x86_64 0:3.5.12-1.el7
libevent.x86_64 0:2.0.21-4.el7 libjpeg-turbo.x86_64 0:1.2.90-5.el7
libpng.x86_64 2:1.5.13-7.el7_2 libtiff.x86_64 0:4.0.3-27.el7_3
libtool-ltdl.x86_64 0:2.4.2-22.el7_3 libwebp.x86_64 0:0.3.0-7.el7
libxcb.x86_64 0:1.12-1.el7 libxslt.x86_64 0:1.1.28-5.el7
net-snmp-libs.x86_64 1:5.7.2-28.el7_4.1 php-bcmath.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi
php-gd.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi php-ldap.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi
php-mbstring.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi php-pecl-mysql.x86_64 0:1.0.0-0.17.20160812git230a828.el7.remi.7.2
php-xml.x86_64 0:7.2.5-1.el7.remi unixODBC.x86_64 0:2.3.1-11.el7
zabbix-web.noarch 0:4.0.0-1.1alpha5.el7

完了しました!

今度は無事に無事にインストールが完了しました。
zabbix4の機能を試すのがたのしみです。

phpのupdateをしたらzabbixが見れなくなったので対処

PHPのupdateを行った際、以下のエラーがログに出てzabbixのguiが見れなくなったので対処

2018/04/24 16:12:45 [error] 19731#19731: *1 FastCGI sent in stderr: "PHP message: PHP Fatal error: Uncaught Exception: Cannot start session. in /usr/share/zabbix/include/classes/core/CSession.php:50
Stack trace:
#0 /usr/share/zabbix/setup.php(60): CSession::start()
#1 {main}
thrown in /usr/share/zabbix/include/classes/core/CSession.php on line 50" while reading response header from upstream, client: 192.168.0.2, server: tokyo-monitor_2, request: "GET /zabbix/setup.php HTTP/1.1", upstream: "fastcgi://unix:/var/run/php-fpm.sock:", host: "192.168.0.10"

PHPのupdateの際にphp-fpm関連の権限が変わったぽい

色々しらえると以下のパーミッションが怪しい

# ls -al /var/lib/php/
合計 4
drwxr-xr-x 5 root root 53 3月 25 02:21 .
drwxr-xr-x. 32 root root 4096 3月 25 11:12 ..
drwxrwx--- 2 root apache 6 3月 25 02:21 opcache
drwxrwx--- 2 root apache 6 3月 25 02:21 session
drwxrwx--- 2 root apache 6 3月 22 0:21 wsdlcache

このサーバーはngninxで動いているのでapache権限ではないので修正する。

# cd /var/lib/php/
# chown -R root:nginx ./*
# ls -al
合計 4
drwxr-xr-x 5 root root 53 3月 25 02:21 .
drwxr-xr-x. 32 root root 4096 3月 25 11:12 ..
drwxrwx--- 2 root nginx 6 3月 25 02:21 opcache
drwxrwx--- 2 root nginx 6 3月 25 02:21 session
drwxrwx--- 2 root nginx 6 3月 22 0:21 wsdlcache

nginxとphp-fpmを再起動して

#systemctl restart nginx ; systemctl restart php-fpm

見れるようになりました。

PHPをupdateするたびにやらなきゃいけません・・・