Jenkinsのupdateでこけた。

先日インストールしたJenkinsのupdateが来てたので
updateを行ったらこけたのでメモ

普通にDNFでupdateを行った所・・・。

Total 13 MB/s | 478 MB 00:37
warning: /var/cache/dnf/jenkins-93d3f0abc3d47743/packages/jenkins-2.241-1.1.noarch.rpm: Header V4 RSA/SHA512 Signature, key ID 45f2c3d5: NOKEY
Public key for jenkins-2.241-1.1.noarch.rpm is not installed
The downloaded packages were saved in cache until the next successful transaction.
You can remove cached packages by executing 'dnf clean packages'.
Error: GPG check FAILED

といわれてupdateできず。

アドバイス通り

# dnf clean packages

を実施してやり直しても失敗

# dnf clean all

ならばと思いclean allでやっても失敗

こうなったら手動でパッケージをアップデートしてやろうと言う事で

# rpm -Uvh /var/cache/dnf/jenkins-93d3f0abc3d47743/packages/jenkins-2.241-1.1.noarch.rpm
warning: /var/cache/dnf/jenkins-93d3f0abc3d47743/packages/jenkins-2.241-1.1.noarch.rpm: Header V4 RSA/SHA512 Signature, key ID 45f2c3d5: NOKEY
Verifying... ################################# [100%]
Preparing... ################################# [100%]
Updating / installing...
1:jenkins-2.241-1.1 ################################# [ 50%]
Cleaning up / removing...
2:jenkins-2.239-1.1 ################################# [100%]

Jenkinsのupdateができました。

CentOS8にJenkinsをインストールした。

今更ながらJenkins・・。CentOS8にインストールしました。

参考にしたサイトこちら

まずは、openjdkのインストール

# dnf install java-11-openjdk-devel


バージョン確認

# java -version
openjdk version "1.8.0_252"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_252-b09)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.252-b09, mixed mode)

環境変数の設定

# vi /etc/profile.d/java.sh
export JAVA_HOME=$(dirname $(dirname $(readlink $(readlink $(which javac)))))
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JRE_HOME=/usr/lib/jvm/jre
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

読み込んで

# source /etc/profile.d/java.sh

確認

# echo $JAVA_HOME
/usr/lib/jvm/java-11-openjdk-11.0.7.10-1.el8_1.x86_64

# env
LS_COLORS=rs=0:di=01;34:ln=01;36:mh=00:pi=40;33:so=01;35:do=01;35:bd=40;33;01:cd =40;33;01:or=40;31;01:mi=01;05;37;41:su=37;41:sg=30;43:ca=30;41:tw=30;42:ow=34;4

ここまででJenkinsをインストールする下準備おわりましたのでリポジトリのインストール

# rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
# wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo

Jenkinsをインストールします。

# dnf install jenkins

The downloaded packages were saved in cache until the next successful transaction.
You can remove cached packages by executing 'dnf clean packages'.
Error: Error downloading packages:
Cannot download jenkins-2.239-1.1.noarch.rpm: All mirrors were tried

rpmのサーバーが死んでるようです。。

ミラーサーバーが生きてるので、そこから直接インストール

続きを読む "CentOS8にJenkinsをインストールした。"

MariaDBのSLAVE STATUSがzabbix 5.0.1で取得できなかったので対処した

新規に構築したサーバーでmysql(mariadb)のslave statusをzabbixで取れなくなったので対処した。
色んなサイトにzabbixでレプリケーション監視設定方法は載っているので省きます。

各バージョンは

CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
Server version: 10.5.3-MariaDB MariaDB Server
zabbix_agentd (daemon) (Zabbix) 5.0.1

slave のレプリケーション監視の仕込みが終わりコマンドで確認を実施した所

# HOME=/var/lib/zabbix mysql -e "SHOW SLAVE STATUS\G"
ERROR 1227 (42000) at line 1: Access denied; you need (at least one of) the SUPER, REPLICATION SLAVE ADMIN privilege(s) for this operation

こんな感じで以前は取得出来ていましたが出来なくなってます。

権限周りが変わってるようですので確認します。

MariaDB [(none)]> show privileges;

をたたくとレプリケーションに関係ありそうなのが

| Binlog admin | Server | To purge binary logs |
| Binlog monitor | Server | To use SHOW BINLOG STATUS and SHOW BINARY LOG |
| Replication master admin | Server | To monitor connected slaves |
| Replication slave admin | Server | To start/monitor/stop slave and apply binlog events |
| Replication slave | Server Admin | To read binary log events from the master |

こんな感じで出てきましたので
エラーで指示されていたReplication slave adminを指定してGRANTしてみます。

MariaDB [(none)]> GRANT Replication slave admin ON *.* TO 'zabbixagent'@'localhost' IDENTIFIED BY 'hogegegege';
Query OK, 0 rows affected (0.001 sec)

再度コマンドを実行した所

# HOME=/var/lib/zabbix mysql -e "SHOW SLAVE STATUS\G"
*************************** 1. row ***************************
Slave_IO_State: Waiting for master to send event
Master_Host: ***.***.***.***
Master_User: replication
Master_Port: 3306
Connect_Retry: 60
Master_Log_File: mysql-bin.000001
Read_Master_Log_Pos: 139614521
Relay_Log_File: www3-relay-bin.000009
Relay_Log_Pos: 5306
Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000001
Slave_IO_Running: Yes
Slave_SQL_Running: Yes
Replicate_Do_DB:
Replicate_Ignore_DB:
Replicate_Do_Table:
Replicate_Ignore_Table:
Replicate_Wild_Do_Table:
Replicate_Wild_Ignore_Table:
Last_Errno: 0
Last_Error:
Skip_Counter: 0
Exec_Master_Log_Pos: 139614521
Relay_Log_Space: 5614
Until_Condition: None
Until_Log_File:
Until_Log_Pos: 0
Master_SSL_Allowed: No
Master_SSL_CA_File:
Master_SSL_CA_Path:
Master_SSL_Cert:
Master_SSL_Cipher:
Master_SSL_Key:
Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
Last_IO_Errno: 0
Last_IO_Error:
Last_SQL_Errno: 0
Last_SQL_Error:
Replicate_Ignore_Server_Ids:
Master_Server_Id: 1
Master_SSL_Crl:
Master_SSL_Crlpath:
Using_Gtid: No
Gtid_IO_Pos:
Replicate_Do_Domain_Ids:
Replicate_Ignore_Domain_Ids:
Parallel_Mode: optimistic
SQL_Delay: 0
SQL_Remaining_Delay: NULL
Slave_SQL_Running_State: Slave has read all relay log; waiting for more updates
Slave_DDL_Groups: 0
Slave_Non_Transactional_Groups: 0
Slave_Transactional_Groups: 6

取得出来ました。
これでzabbixでレプリケーションの監視が出来ました。

zabbix serverを5.0 LTSにupdateした。

Zabbix 5.0LTSが出たのでzabbixのバージョンを上げてみました。
OSはCentOS Linux release 8.1.1911です。

現在のバージョンは

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.8
Revision 3d7663fd7c 27 April 2020, compilation time: Apr 27 2020 13:24:19

です。

まずは、zabbix5.0のリポジトリをサーバーにインストールします。

# dnf localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm
メタデータの期限切れの最終確認: 0:32:31 時間前の 2020年05月23日 00時45分01秒 に 実施しました。
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm 31 kB/s | 18 kB 00:00
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-release noarch 5.0-1.el8 @commandline 18 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 1 パッケージ

合計サイズ: 18 k
これでよろしいですか? [y/N]: y
パッケージのダウンロード:
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
アップグレード中 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
整理 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2
検証 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
検証 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2

アップグレード済み:
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch

完了しました!

既存のzabbix 4.4のrepoを上書きしてくれました。

check-updateで確認します。

# dnf check-update
Zabbix Official Repository - x86_64 30 kB/s | 14 kB 00:00

zabbix-agent2.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix

zabbix5.0がupdate対象として表示されました。

それでは、いよいよzabbix5.0にupdateです。

# dnf -y update
メタデータの期限切れの最終確認: 0:00:16 時間前の 2020年05月23日 01時17分51秒 に 実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-agent2 x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 4.1 M
zabbix-server-mysql x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 2.6 M
zabbix-web noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 3.0 M
zabbix-web-japanese noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 16 k
zabbix-web-mysql noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 15 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 5 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 9.8 M
パッケージのダウンロード:
(1/5): zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64.r 2.5 MB/s | 2.6 MB 00:01
(2/5): zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 2.6 MB/s | 3.0 MB 00:01
(3/5): zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch.r 142 kB/s | 16 kB 00:00
(4/5): zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 135 kB/s | 15 kB 00:00
(5/5): zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64.rpm 3.2 MB/s | 4.1 MB 00:01
--------------------------------------------------------------------------------
合計 7.6 MB/s | 9.8 MB 00:01
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
scriptletの実行中: zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/1
アップグレード中 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/10
アップグレード中 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
scriptletの実行中: zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
アップグレード中 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
アップグレード中 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_server.conf は /etc/zabbix/zabbix_server.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
アップグレード中 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf は /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
整理 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
scriptletの実行中: zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
整理 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
整理 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
検証 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 1/10
検証 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 2/10
検証 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 3/10
検証 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 4/10
検証 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 5/10
検証 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
検証 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 7/10
検証 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
検証 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 9/10
検証 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 10/10

アップグレード済み:
zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64
zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch

完了しました!

バージョン確認

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 5.0.0
Revision 9665d62db0 11 May 2020, compilation time: May 11 2020 14:31:28

何事もなく完了しました。
しかし、GUIのレイアウトが変わったので操作に戸惑いそうです。。

zabbix-serverが起動に失敗する。

構築時は普通に稼働していたzabbix-serverですが、
監視対象を追加していくと、ある時からzabbixが落ちる→起動失敗が連続していた。
手動でzabbix-serverを起動しようとしても無理なので対処。

環境はこんな感じ

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
# rpm -qa | grep zabbix
zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-release-4.4-1.el8.noarch

ログを見ると

May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Service RestartSec=10s expired, scheduling restart.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Scheduled restart job, restart counter is at 6.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Stopped Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Starting Zabbix Server...
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Can't open PID file /run/zabbix/zabbix_server.pid (yet?) after start: No such file or directory
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Supervising process 120150 which is not our child. We'll most likely not notice when it exits.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Started Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 kill[120153]: kill: 十分な引数がありません
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.

こんな感じでsystemdの自動再起動が走ってコケてを繰り返しています。

監視対象追加が起因していると思われますのでzabbixの設定を見てみます。

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

のCacheSizeが
デフォルトのままでしたので32Mに増やします。

### Option: CacheSize
# Size of configuration cache, in bytes.
# Shared memory size for storing host, item and trigger data.
#
# Mandatory: no
# Range: 128K-8G
# Default:
# CacheSize=8M
CacheSize=32M

これで、zabbix-serverの起動が出来るようになりました。

MariaDB 10.5.2をインストールしてみた。

先日リリースされたMariaDB 10.5.2をインストールしてみた。

現時点では、Do not use beta releases in production!と書かれており注意です。

参考にしたのはMariaDB公式サイト
悩むことなくインストールできました。
入れたOSは↓

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)


それでは作業開始
.repoを作ります。

# vim /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
# MariaDB 10.5 CentOS repository list - created 2020-04-14 13:37 UTC
# http://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.5/centos8-amd64
module_hotfixes=1
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

続きを読む "MariaDB 10.5.2をインストールしてみた。"

sshfsでリモートでサーバーのディレクトリをmountしてみた。

sshfsでリモートサーバーのディレクトリをmountしてみました。
使用したOSはCentOS7です。
mountする領域は
クライアントが/mnt/hoge1
サーバーが192.168.100.50 /mnt/hoge2

まずはepel-repoをインストール

# yum install epel-release -y


次にsshfsをインストール

# yum install --enablerepo=epel sshfs -y

ローカル環境なので簡単にクライアントからサーバーへパス無しログイン設定をします。

# ssh-copy-id root@192.168.100.50

サーバー側でクライアントからのmount許可設定をします。

# vim /etc/exports
/mnt/hoge2 192.168.100.50/255.255.255.255(rw,no_root_squash,no_subtree_check)

設定反映

# exportfs -ra

次にクライアント側のmount設定をします。

# vim /etc/fstab
192.168.100.50:/mnt/hoge1 /mnt/hoge2 fuse.sshfs defaults,_netdev 0 0

手動でやるときは

# sshfs root@192.168.100.50:/mnt/hoge1 /mnt/hoge2

マウント確認

# mount -a

マウントできてれば完了