zabbixを4.4.0rc1から4.4にアップグレードした。

数か月前になりますが正式にzabbixの4.4系がリリースされたのでupgradeしてみました。

現在のバージョンは

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.0rc1

です。

これを正式バージョンにあげます。
リポジトリを入れ替えます。

# yum localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm | 14 kB 00:00
/var/tmp/yum-root-F2cKtl/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm を調べています: zabbix-release-4.4-1.el7.noarch
次のリポジトリーへの更新として /var/tmp/yum-root-F2cKtl/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm を設定します: zabbix-release-4.3-3.el7.noarch
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:4.3-3.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:4.4-1.el7 を アップデート
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
Package アーキテクチャー
バージョン リポジトリー 容量
================================================================================
更新します:
zabbix-release noarch 4.4-1.el7 /zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 22 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新 1 パッケージ

合計容量: 22 k
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
更新します : zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 1/2
整理中 : zabbix-release-4.3-3.el7.noarch 2/2
検証中 : zabbix-release-4.4-1.el7.noarch 1/2
検証中 : zabbix-release-4.3-3.el7.noarch 2/2

更新:
zabbix-release.noarch 0:4.4-1.el7

完了しました!

update確認

# yum check-update

zabbix-agent.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.4.4-1.el7 zabbix

4.4.4-1がインストールされるようです。
対象はzabbix関連だけなのでupdateで上げます。

# yum -y update

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web.noarch 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web-japanese.noarch 0:4.4.4-1.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.4.4-1.el7

完了しました!

普通に上がりました。

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.4

GUI上でも

Zabbix 4.4.4. © 2001–2019, Zabbix SIA

と表示されたので無事完了です。

kernel 5.3.0-1 に上げたらkernel panicになった。。

yum check-updateで5.3.0-1.el7.elrepo.x86_64が来てたので
お!5.3系かーと思い何の気なしに
yum update -y をしてrebootした所kernel panicで起動せず。。

とりあえずboot時のgrubのbootlistから一つ前を指定して起動
その後デフォルトのkernel起動バージョンを最新の5.3系でしないよう↓の様に指定して

# awk -F\' '$1=="menuentry " {print i++ " : " $2}' /etc/grub2.cfg
0 : CentOS Linux (5.3.0-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
1 : CentOS Linux (5.2.14-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
2 : CentOS Linux (5.2.13-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
3 : CentOS Linux (5.2.11-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
4 : CentOS Linux (5.2.10-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
5 : CentOS Linux (0-rescue-4012dc7197c64ed79c6e5dadbbfcdddc) 7 (Core)

update前のkernelを指定

# grub2-set-default 1

これでreboot時も問題なしです。
原因が何なのか調べてまだ調べてませんがkernel panicはびっくりしますね

Nutanix acliでvmotionしてみた。

PRISMでもvmのnode移動は出来ますがもどかしいのでacliでやってみました。

まずはCVMにログインし

$ acli⏎

と打つと
と入力モードが変わります。
このモードだとタブ連打でコマンドを補完してくれるので途中までコマンドを打って連打することで
候補が出てくるので助かります。

逆に

$ acli コマンド~

とやるとlinuxのコマンドをパイプ「|」で繋げる事でgrepやらが使えて便利です。

今回はacli⏎でやりました。
まずは確認の為Clusterのnodeリストを出します。

$ host.list
Hypervisor address Host UUID Schedulable Hypervisor Type Hypervisor Name
192.168.5.1 sadfaddd-d2345-4ebb-893-a0db41e9b805 True kKvm AHV
192.168.5.2 3244asss-2558-47233-b14-2f67fd4773de True kKvm AHV
192.168.5.3 1ewew321-4e32-4954-b0cf-e4w2er422www True kKvm AHV

次にnodeで稼働しているVM一覧を表示します。

$ host.list_vms 192.168.5.1
VM name VM UUID
hoge_1 4absswf5-53bd-4aa7-awd6-b9dwwwyc7907
hoge_2 a34wttf8-dw02-4y02-9eq1-ff8ya9bcedf2
hoge_3 07yrwee9-4265-4yd6-be1a-91facff7eec1

それでは192.168.5.1で稼働中のVMを192.168.5.3のnodeに移動します。

$ vm.migrate hoge_1 host=192.168.5.3 live=yes
hoge_1: pending

移動が完了すると表示されます。

hoge_1: complete

ちなみに複数台のVMを移動するときはこんな感じ
カンマ区切りでVMを列記します。

$ vm.migrate hoge_2,hoge_3 bandwidth_mbps=100 host=192.168.5.3 live=yes
hoge_2: pending
hoge_3: pending

オプションでbandwidth_mbpsを付けると帯域制限が出来ます。
移動するVMが多いとbandwidth_mbpsを付けた方がいいのかな?

Nutanixはコマンドでのオペレーションもわかりやすくていいですね。

Domain Notification for hoge.net : This is your Final Notice of Domain Listingというタイトルのメールが来た。

詐欺と思われるメールがここ数日届いてました。
ドメイン失効に合わせてこのメールが来ていたので!?と思い内容を見ると
検索エンジンに登録が出来なくなるから登録しろと言ってるようですが
差出人のアドレスがinfo@domain-notice.tkなどと胡散臭いアドレスです。
相手にする必要は無いので迷惑メール行きで終了。

最近詐欺メールが増えてるので気を付けたいですね。

届いたメールの全文です。
個人情報等は変えてあります。
タイトルは

Domain Notification for hoge.net : This is your Final Notice of Domain Listing

以下本文

Attention: Important Notice , DOMAIN SERVICE NOTICE
Domain Name: hoge.net

ATT: hoge hoge
hoge.net
Response Requested By
26 - Aug - 2019

PART I: REVIEW NOTICE

Attn: hoge hoge
As a courtesy to domain name holders, we are sending you this notification for your business Domain name search engine registration. This letter is to inform you that it's time to send in your registration.

Failure to complete your Domain name search engine registration by the expiration date may result in cancellation of this offer making it difficult for your customers to locate you on the web.

Privatization allows the consumer a choice when registering. Search engine registration includes domain name search engine submission. Do not discard, this notice is not an invoice it is a courtesy reminder to register your domain name search engine listing so your customers can locate you on the web.

This Notice for: hoge.net will expire at 11:59PM EST, 26 - Aug - 2019 Act now!

Select Package:
http://www.delmas.com.tr/domain/?domain=hoge.net

zabbix-agentを4.2から4.4にアップグレードした。

前回zabbix-serverのバージョンを4.2から4.4にアップグレードしたのに合わせて
監視対象のzabbix-agentも4.4にアップグレードしました。

4.4のリポジトリをインストールして

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

リポジトリをきれいにして

# yum clean all

update確認

# yum check-update
略~
zabbix-non-supported/x86_64/primary | 1.6 kB 00:00
zabbix-non-supported 4/4

zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

バージョン4.4のzabbix-agentが落ちてくるのを確認

アップグレードです。

# yum -y update
略~
新します:
zabbix-agent x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix 416 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新 1 パッケージ

総ダウンロード容量: 416 k
Downloading packages:
Delta RPMs disabled because /usr/bin/applydeltarpm not installed.
zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64.rpm | 416 kB 00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.con f.rpmnew
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/2
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 2/2

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

zabbix-serverからgetしてバージョンを確認

# zabbix_get -s 監視対象のIP -k agent.version
4.4.0alpha2

無事にアップグレード完了です。

zabbixを4.2から4.4にアップグレードした。

zabbixのバージョン4.4が出たようなので4.2からアップグレードしてみました。

現在使用しているzabbixのバージョンは↓

# rpm -qa | grep zabbix*
zabbix-release-4.2-2.el7.noarch
zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch
zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64
zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64

zabbix公式repoから4.4のリポジトリをインストールします。

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm
https://repo.zabbix.com/zabbix/4.3/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.3-3.el7.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-4.3-3.el7 ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-4.2-2.el7 ################################# [100%]

バージョン4.3となってますが4.4が落ちてくるので問題なしです。

お約束のリポジトリをきれいにして

# yum clean all

チェックアップデートです。

# yum check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
略~
zabbix-agent.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-proxy-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 4.4.0-0.2alpha2.el7 zabbix

zabbix4.4が落ちてくるのが確認できました。

zabbixしかupdate対象が無いので一気に行きます。
どきどきです。

# yum -y update
略~
警告: RPMDB は yum 以外で変更されました。
更新します : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 1/14
更新します : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 2/14
更新します : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 3/14
更新します : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 4/14
更新します : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 5/14
更新します : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 6/14
更新します : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 7/14
warning: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf created as /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.rpmnew
整理中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
整理中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
整理中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
整理中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
整理中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
整理中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
整理中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14
検証中 : zabbix-agent-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 1/14
検証中 : zabbix-get-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_64 2/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86_ 3/14
検証中 : zabbix-web-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 4/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.x86 5/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.4.0-0.2alpha2.el7.noarch 6/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.4.0-0.2alpha2.el7.noa 7/14
検証中 : zabbix-web-mysql-4.2.5-1.el7.noarch 8/14
検証中 : zabbix-web-4.2.5-1.el7.noarch 9/14
検証中 : zabbix-web-japanese-4.2.5-1.el7.noarch 10/14
検証中 : zabbix-get-4.2.5-1.el7.x86_64 11/14
検証中 : zabbix-server-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 12/14
検証中 : zabbix-proxy-mysql-4.2.5-1.el7.x86_64 13/14
検証中 : zabbix-agent-4.2.5-1.el7.x86_64 14/14

更新:
zabbix-agent.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-get.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-proxy-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-server-mysql.x86_64 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-japanese.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7
zabbix-web-mysql.noarch 0:4.4.0-0.2alpha2.el7

完了しました!

普通にアップグレードが完了してしまいました。

GUI上でもZabbix 4.4.0alpha2.と表示されておりzabbixの動作も問題ありません。
zabbix4.2から4.4へのアップグレードは何事もなく終了してちょっと拍子抜けでした。

iscsiのsessionsが切れず再起動が出来なかった。

iscsiのsessions time outまでrebootが出来なかったので対処しました。

コンソールには以下のメッセージが表示されてずっと停止処理が終わらない・・

stopped logout off all iscsi sessions on shutdown

time out時に赤字でメッセージが表示されてましたが記録できませんでしたが
20分でiscsi sessionsタイムアウトのようです。

デフォルトでiscsi-shutdownというサービスが
起動しているようでこれが原因だったようです。

これを停止する為には、iscsi.serviceを停止する必要があります。
iscsiは使用していないのでiscsi.serviceを起動しないようにして

# systemctl disable iscsi.service

再起動もすぐ出来るようになりました。