Canon SELPHY CP1200を修理してみた。


便利だと思って購入しましたが、色々と問題の有るSELPHY CP1200
だましだまし使ってましたが
「インクカセットに異常があります」と言われて印刷できなくなり・・。
インクカートリッジもイジェクトボタンを押しても取れず・・。
更に給紙も出来なくなってます。。

もう捨てるしかないかと思いましたが、ググると外人さんが動画でばらし方を
上げてたので修理してみる事にしました。

googleで「canon selphy repair」で検索すると出てきます。
型番は違いますがやり方はほぼ同じでした。

再現できなくならないよう写真を都度都度とりまくり
部品をなくさない様にケースに入れるようにします。

裏がわの四隅のネジを外して

蓋を外すとリボンコネクターが繋がってるので抜き取ります。

上蓋が取れました。

ここから先は動画を参考に、本体のネジ穴をよく見て
写真で記録を取りながらプラスチックの外箱を外します。

箱から中身を取り出す事が出来ました。
この時、中からピニオンギアがポロっと落ちたので大事に取っておきます。
更にこの状態では、まだインクカートリッジは外れません。
なのでフレームのネジを外していきます。
ギアなどが外れてしまうのでここも写真を撮りまくりです。

この部分のバネを外すとインクカートリッジが取れました。

次に外れたピニオンギアを取り付けます。
ピニオンギアを付けるためには更に分解する必要があります。
モーターが付いてる部分が外れるのでそこを外します。

モーターのピンが見えました。
外れたピニオンをシャフトに刺してみるとユルユルです。

モーターのピンをやすりで傷つけて外れ難くしておきました。

後は、記録した写真を頼りに元通り組み上げ無事印刷できるようになりました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です