Centos7をrunlevel 3で起動する。

自宅サーバーのCentos7はテレビに繋いで使っているのでXwindowを入れています。
しかし、普段は使わないのでCUIモードで起動しています。
以前のCentOSですと

/etc/inittab

を書換えて対応してましたが、CENTOS7は作法が色々違うようです。
[html]
# less /etc/inittab

#
# multi-user.target: analogous to runlevel 3
# graphical.target: analogous to runlevel 5
#
# To set a default target, run:
#
# ln -sf /lib/systemd/system/<target name>.target /etc/systemd/system/default.target
[/html]
inittabは存在してますが中身に説明が書いてありました。
runlevel 3 で起動したいので書いてある通り

[html]
# ln -sf /lib/systemd/system/multi-user.target /etc/systemd/system/default.target

# ls -al /etc/systemd/system/default.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 37 7月 19 15:21 /etc/systemd/system/default.target -> /lib/systemd/system/multi-user.target
[/html]
として上げるとCUIで起動されます。

xwindowを立ち上げる際は今までどおり
[html]
# startx
[/html]
でOKです。

Centos7でraid1が構築出来ない。

Centos7をRAID1でインストールすると
[html]
Error Installing - An Unknown Error Has Occurred
[/html]
が表示されて正常にインストールが終了しない。
使用したisoは
[html]
CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso
[/html]
海外のサイトでも上がっているのでバグなのかな・・
こちらのサイト
では、解決されているやり方が載ってたのでその通りrescue modeで入って
下記のコマンドを打って見てもダメでした。
[html]
dmraid -r -E /dev/sda
[/html]

インストール後手動でraidを構築しようとしていて解決しました。
hddのラベルがgptだったのをmsdosに変えて再度メディアからraidを構築して
インストールした所上手くいきました。

ほんとにこれが解決だったのかは不明だけどメモ・・・。

linux_centosでexfatをmountする。

久々にwindows7のPCでHDDをフォーマットしていたら見たこと無いファイル形式が・・。
exfatなんて有るんですね。

で、取り合えずexfatでフォーマットを致しまして
そのHDDをCentos7のマシンにマウントした手順

パッケージ入れないとexfatはマウントできないのでパッケージを入れます。

yumで探しましたが無い様なのでPRMをwgetしてきます。
cent6ならyumでいけるかもですが・・・

[html]
# wget http://download1.rpmfusion.org/free/el/updates/6/x86_64/exfat-utils-1.0.1-2.el6.x86_64.rpm
# wget ftp://fr2.rpmfind.net/linux/rpmfusion/free/el/updates/6/x86_64/fuse-exfat-1.0.1-1.el6.x86_64.rpm
[/html]

テストインストールして問題がなかったのでインストール。
[html]
# rpm -i --test exfat-utils-1.0.1-2.el6.x86_64.rpm fuse-exfat-1.0.1-1.el6.x86_64.rpm
# rpm -ivh exfat-utils-1.0.1-2.el6.x86_64.rpm fuse-exfat-1.0.1-1.el6.x86_64.rpm
[/html]

マウントします。

まず確認
[html]
# fdisk /dev/sdc

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdc1 2048 1953521663 976759808 7 HPFS/NTFS/exFAT
[/html]

exfat-fuseを指定してマウント
[html]
mount -t exfat-fuse /dev/sdc1 /mnt/hdd/
[/html]
確認
[html]
# df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
省略・・・
/dev/sdc1 932G 421G 511G 46% /mnt/hdd
[/html]

マウント出来ました。
windows上で置いたファイルもそのまま見れたので問題ないようですね。

CentOS 6.5を7.0にアップグレードしてみた。

CentOSの7.0がリリースされた様なので、KVM上で稼動しているをCentOS7.0にupgradeしてみました。

参考にさせて頂いたサイトはこちら

CentOS7.0になって変更・追加点などが書いてあるので一通り目を通して
upgrade実行です。

まずは、現在のCentOSのバージョンを確認
6.5からでないとupgradeできないようです。
[html]
cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)
[/html]

updateも確認しておきます。
僕はこの際、サードパーティーのリポジトリはdisabledにしておきました。
[html]
# yum check-update
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
[/html]

upgradeに必要なパッケージをinstallします。
[html]
# yum install openscap pcre-devel libxml2-devel libxslt-devel m2crypto python-simplejson mod_wsgi
[/html]

更にrpmで直接パッケージをinstall
[html]
[
rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-1.0.2-33.el6.x86_64.rpm
rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-contents-0.5.13-1.el6.noarch.rpm
rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-ui-1.0.2-33.el6.x86_64.rpm
rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/python-rhsm-1.9.7-1.el6.x86_64.rpm
rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/redhat-upgrade-tool-0.7.22-1.el6.noarch.rpm
]
[/html]
一気に入れましたが問題は有りませんでした。

upgradeが問題ないかチェックするコマンドを実行します。
[html]
# preupg -s RHEL6_7
[/html]

upgradeを実行します。
[html]
# {
> redhat-upgrade-tool-cli --network 7.0 --instrepo http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/
> }
[/html]
実行したところ以下のメッセージが出ました。
[html]
preupgrade-assistant has not been run.
To perform this upgrade, either run preupg or run redhat-upgrade-tool --force
[/html]

--forceを付けて実行しろとのことです。
[html]
redhat-upgrade-tool --force
[/html]

--forceを付けて実行します。
[html]
# {
> redhat-upgrade-tool-cli --network 7.0 --instrepo http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/ --force
> }
[/html]

実行した所、最終行に以下のメッセージが

[html]
warning: rpmts_HdrFromFdno: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID f4a80eb5: NOKEY

Downloading failed: The GPG keys listed for the "CentOS-7.0 - Base" repository are already installed but they are not correct for this package.
Check that the correct key URLs are configured for this repository.
[/html]
どうやらパッケージ・GPGkeyが正しくないと言っているようですので

ダウンロードで指定するサイトのURLを変更、更にgpgcheckも無効にして実行しました。
[html]
# redhat-upgrade-tool-cli --network 7.0 --instrepo http://ftp.plusline.de/centos/7.0.1406/os/x86_64/ --force --nogpgcheck
[/html]

そうした所、upgradeの準備が終わったようです。

[html]
setting up system for upgrade
Finished. Reboot to start upgrade.
[/html]

いよいよ、rebootをします。
[html]
# reboot
[/html]
つらつらと長いメッセージ中に
こんなメッセージが出てきたりします。
[html]
Welcome to redhat-upgrade-dracut-0.8.6!
[/html]

起動が始まるとgrubの画面で
[html]
CentOS Linux 7
[/html]
の文字が!
[html]
GNU GRUB version 0.97 (630K lower / 1047540K upper memory)

+-------------------------------------------------------------------------+
| CentOS Linux 7 Rescue 9a34cb4790218d12e5ad712ab17e941d (3.10.0-123.4.> |
| CentOS Linux (3.10.0-123.4.2.el7.x86_64) 7 (Core) |
| CentOS (2.6.32-431.20.3.el6.x86_64) |
| CentOS (2.6.32-431.17.1.el6.x86_64) |
| CentOS (2.6.32-431.el6.x86_64) |
| |
| |
| |
| |
| |
| |
| |
+-------------------------------------------------------------------------+
[/html]

bootが終わったので確認をします。
[html]
# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)
[/html]
無事に終ったようですね。