NutanixのAFS領域をCIFSでmountする。

Nutanixのとても便利な機能AFS(Acropolis File Service)、PRISM上では「file server」と表示されてる通り、AD連携をした上でファイルサーバー機能を提供してくれます。
Nutanix全般の機能の説明はこちら様のサイトがとても詳しくて勉強になります。

AFS領域にlinuxサーバーから直接データーを入れれるようにCIFSでmountしてみました。
前提条件としてAFSの設定は終わっているものとします。
AFSのファイルサーバーは「afs-file」という名前で作成。
その中に「AFS-DIR」というディレクトリ名でmountしたいAFS領域をprism上で作成してあります。

AFS領域をmountしたいサーバーから、afs-fileが見えるか確認します。
まずは名前解決の確認

# nslookup afs-file
Server: 192.168.10.100
Address: 192.168.10.100#53

Name: afs-file.ntxtest.local
Address: 192.168.10.9
Name: afs-file.ntxtest.local
Address: 192.168.10.8
Name: afs-file.ntxtest.local
Address: 192.168.10.7
Name: afs-file.ntxtest.local
Address: 192.168.10.6

名前解決は当然ですが出来ております。

AFSはcifsでmountするのでパッケージをインストール

# yum install samba-client samba-winbind cifs-utils

次にnsswitch.confを修正

# diff /etc/nsswitch.conf{,.bak}
39,40c39
< #hosts: files dns myhostname
< hosts: files wins dns
---
> hosts: files dns
59c58
< netgroup: files sss
---
> netgroup: nisplus sss
63c62
< automount: files sss
---
> automount: files nisplus sss

 

smbclientでAFS領域が見えるか確認

# smbclient -L afs-file -U administrator
Enter NTXTEST\administrator's password:

Sharename Type Comment
--------- ---- -------
home Disk Home share created as part of fileserver creation
AFS-DIR Disk   ←みえました。
IPC$ IPC IPC Service (Acropolis File Server)
Reconnecting with SMB1 for workgroup listing.
protocol negotiation failed: NT_STATUS_INVALID_NETWORK_RESPONSE
Failed to connect with SMB1 -- no workgroup available

ここからCIFSでのmount設定です。
mountするディレクトリを作り

# mkdir /mnt/AFS-DIR

手動でmount

# mount.cifs //afs-file/AFS-DIR /mnt/AFS-DIR -o user=administrator,vers=3.0,domain=NTXTEST

マウントできました。

# df -h | grep AFS-DIR
//afs-file/AFS-DIR 5T 10G 5T 1% /mnt/AFS-DIR

fstabに書きます。

# cat /etc/fstab
#AFS
#//afs-file/AFS-DIR /mnt/AFS-DIR cifs user=administrator,password=hogehoge,domain=NTXTEST,vers=3.0 0 0

同時に複数mountする場合はfstabにただ記述しただけでは
うまく行かなかったのでrc.localに書きます。

mount用のスクリプトをafsmount.shとして準備

#/usr/bin/mount -a
bash /root/bin/afsmount.sh

スクリプトの内容はこんな感じ

# cat /root/bin/afsmount.sh
#!/bin/bash
sleep 10
/usr/sbin/mount.cifs //afs-file/AFS-DIR /mnt/AFS-DIR -o user=administrator,password=hogehoge,vers=3.0,domain=NTXTEST
sleep 10
/usr/sbin/mount.cifs //afs-file/AFS-DIR-2 /mnt/AFS-DIR-2 -o user=administrator,password=hogehoge,vers=3.0,domain=NTXTEST

サーバーを再起動して時間差でmountされるのを確認して完了

これでサーバーからAFSに送り込んだデーターをwindowsのファイル共有でアクセスする事が出来る様になりました。
Nutanix AFSかなり便利です。