lsyncd-2.1.4-1.el6.x86_64にアップデートされたら起動できない。

lsyncd-2.1.4-1.el6.x86_64にアップデートされたら起動できなかった。

詳しいエラーは忘れたが・・w

rsyncOps=

がミススペルだのなんだの言ってたりしてたり

サービス起動しようとすると↓のようなエラーが

# /etc/rc.d/init.d/lsyncd start
lsyncd を起動中:
USAGE:
runs a config file:
lsyncd [OPTIONS] [CONFIG-FILE]

default rsync behaviour:
lsyncd [OPTIONS] -rsync [SOURCE] [TARGET]

default rsync with mv’s through ssh:
lsyncd [OPTIONS] -rsyncssh [SOURCE] [HOST] [TARGETDIR]

default local copying mechanisms (cp|mv|rm):
lsyncd [OPTIONS] -direct [SOURCE] [TARGETDIR]

OPTIONS:
-delay SECS Overrides default delay times
-help Shows this
-insist Continues startup even if it cannot connect
-log all Logs everything (debug)
-log scarce Logs errors only
-log [Category] Turns on logging for a debug category
-logfile FILE Writes log to FILE (DEFAULT: uses syslog)
-nodaemon Does not detach and logs to stdout/stderr
-pidfile FILE Writes Lsyncds PID into FILE
-runner FILE Loads Lsyncds lua part from FILE
-version Prints versions and exits

LICENSE:
GPLv2 or any later version.

SEE:
`man lsyncd` for further information.

調べてみたらバグのようですね、改善版がでるのを待つまでは昔の奴を使いましょうということで
前まで使っていた

lsyncd-2.0.4-1.el6.rf.x86_64.rpm

を入れて使うことにしました。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。