apcのキャッシュをramディスクに乗せる。


前回こちらの日記で作ったRAMディスク
php-apcのキャッシュをおいて見ます。
メモリーアクセスに変わるのでIOの軽減が予想され、高速化が期待できるとおもわれます。

以下やった事。
RAMディスクはこちらで作成済みなので
apcのキャッシュ置き場を作成したramディスクに変えてあげます。

# vim /etc/php.d/apc.ini

;apc.mmap_file_mask=/tmp/apc.XXXXXX
apc.mmap_file_mask=/mnt/ram/apc.XXXXXX

こんな感じにして、僕の環境では

# /etc/rc.d/init.d/php-fpm restart
# /etc/rc.d/init.d/nginx restart

php-fpmとngninxを再起動して設定を反映します。

設定が反映されているか、php.infoやapc.phpを表示して目視で確認も出来ます。

apc.mmap_file_mask

の項目が設定した値になってればOK

このまま、一晩くらい寝かせた後、muninの値を見てみたところ。
こんな感じに変わりました。

apcのキャッシュをramディスクに変更後
apcのキャッシュをramディスクに変更後

変更前と後では、IOの値がまったく変わりました。
サイトの表示も速くなったように感じます。

取り合えずこれで様子を見てみます。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070330/267007/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です