linux(CentOS)でmonoを使って.NETを動かす_3

centos-logo

前回、こちらのサイトでRPMを
落としてきてMonoのインストールを行おうとしましたが、依存関係が多くRPMを落とすのがめんどくさくて断念w

YUM install出来ないかな?と調べてみた所、yumのrepoが有りました。

# vim /etc/yum.repos.d/mono.repo
[home_vmas_mono-3.0.x]
name=mono-3.0.x (CentOS_CentOS-6)
type=rpm-md
baseurl=http://download.opensuse.org/repositories/home:/vmas:/mono-3.0.x/CentOS_CentOS-6/
gpgcheck=1
gpgkey=http://download.opensuse.org/repositories/home:/vmas:/mono-3.0.x/CentOS_CentOS-6/repodata/repomd.xml.key
enabled=1

こんな感じでmono.repoとして追加します。

そうしてインストールを行ってみると

# yum install mono-complete
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.kddilabs.jp
home_vmas_mono-3.0.x | 1.3 kB 00:00
home_vmas_mono-3.0.x/primary | 40 kB 00:00
home_vmas_mono-3.0.x 132/132
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package mono-complete.x86_64 0:3.0.10-8.1 will be installed

こんな感じで、インストールが開始されます。

Installed:
mono-complete.x86_64 0:3.0.10-8.1

Dependency Installed:
giflib.x86_64 0:4.1.6-3.1.el6 ibm-data-db2.x86_64 0:3.0.10-8.1
libexif.x86_64 0:0.6.21-5.el6_3 libgdiplus.x86_64 0:2.10.9-3.1
libmono-2_0-1.x86_64 0:3.0.10-8.1 libmono-2_0-devel.x86_64 0:3.0.10-8.1
libmonosgen-2_0-0.x86_64 0:3.0.10-8.1 libmonosgen-2_0-devel.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-core.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-data.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-data-oracle.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-data-postgresql.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-data-sqlite.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-devel.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-extras.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-locale-extras.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-mvc.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-nunit.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-wcf.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-web.x86_64 0:3.0.10-8.1
mono-winforms.x86_64 0:3.0.10-8.1 mono-winfxcore.x86_64 0:3.0.10-8.1
monodoc-core.x86_64 0:3.0.10-8.1

Complete!

依存関係も含めてまるっとインストールされました。
バージョンも3系なんでまあ良いでしょう。
次は設定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です