centos6のネットワーク再起動時の警告を止める

忘れるのでメモ
ネットワーク再起動の時にこんな感じで警告が出てうっとうしい

# /etc/rc.d/init.d/network restart
インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: Determining if ip address 192.168.5.33 is already in use for device eth0…
[ OK ]

# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ネットワークの設定ファイルに↓を追加すると出てこなくなります。

ARPCHECK=no

タグ , . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。