G-SHOCK GB-5600AA-A1JRの電池交換をした。3回目


仕事中時計を見ると時間が思いっきりずれていたので3度目のG-SHOCK GB-5600AA-A1JR
の電池交換をしました。
前回前々回と3度目の交換です。
前回の電池交換からほぼ2年半ぶりとなりますが、実はずっと前からバッテリーが少なくなっていると
表示される「BATT」の文字が出てたんですよね・・

G-SHOCK 電池交換
G-SHOCK 電池交換

bluetoothやアラーム・振動などの機能を一切使用しておらずライトもめったに
付けなかったので今回は長持ちしたと思われます。

交換用の電池はCR2032をGB-5600は使います。
二個セットのを購入、次の交換までなくさないように・・・

今回も今までと同様に精密ドライバーで裏ブタのねじを外します。

G-SHOCK 裏ブタをとった所
G-SHOCK 裏ブタをとった所

そしてゴム製の中蓋をとり

G-SHOCK 裏ブタをとった所
G-SHOCK 裏ブタをとった所

電池を露出させます。
画像の電池うらのピンセットの絵が描いてある右斜め下の電池を止めてる所を
前回は、ニードルを使用しましたが、今回は一番細いマイナスの精密ドライバーで
軽くこじって開き電池を交換しました。

あとは、外したゴムパッキンをきっちり付け隙間なく裏ブタを閉じたらおしまいです。
と思ったら中蓋をつけ忘れてやり直しました。・・・。

G-SHOCK 中蓋
G-SHOCK 中蓋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です