yum clean allで/var/cache/yumを消したらいいよ?と出た。

yum updateを実行する前にyum clean allを実施すると以下の様なメッセージが

# yum clean all
Loaded plugins: fastestmirror, priorities
Cleaning repos: base ce_9.0 epel extras nginx remi-php71 treasuredata updates
: zabbix zabbix-non-supported
Cleaning up everything
Maybe you want: rm -rf /var/cache/yum, to also free up space taken by orphaned data from disabled or removed repos
Cleaning up list of fastest mirrors

/var/cache/yumを削除するといらないリポジトリや孤立したデータ?ってのを削除出来て領域を
増やすことが出来ると言ってるようですが別に/var/cache/yumの使用量は多くない・・・。

念のため適当なディレクトリに移動して

# mv /var/cache/yum /root/data/

もう一度check-udpate実行してみる

# yum clean all
読み込んだプラグイン:fastestmirror
リポジトリーを清掃しています: base epel extras nginx remi remi-php70 remi-safe
: updates zabbix zabbix-non-supported
Cleaning up everything
Maybe you want: rm -rf /var/cache/yum, to also free up space taken by orphaned data from disabled or removed repos

あれ・・また出ました。
もう一度 check-update実施

# yum check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror
base | 3.6 kB 00:00
epel/x86_64/metalink | 6.4 kB 00:00
epel | 4.3 kB 00:00
extras | 3.4 kB 00:00
nginx | 2.9 kB 00:00
remi | 2.9 kB 00:00
remi-php70 | 2.9 kB 00:00
remi-safe | 2.9 kB 00:00

こんな感じで普通に終わりました。

さっきmoveした/var/cache/yumはというと

# ls -al /var/cache/yum
合計 0
drwxr-xr-x 3 root root 19 10月 24 22:39 .
drwxr-xr-x. 6 root root 53 10月 24 22:39 ..
drwxr-xr-x 3 root root 14 10月 24 22:39 x86_64

復活しています。。。

その後普通にyum updateも実施する事が出来ました。
しかし相変わらず yum clean allを実施すると

# yum clean all
読み込んだプラグイン:fastestmirror
リポジトリーを清掃しています: base epel extras nginx remi remi-php70 remi-safe
: updates zabbix zabbix-non-supported
Cleaning up everything
Maybe you want: rm -rf /var/cache/yum, to also free up space taken by orphaned data from disabled or removed repos
Cleaning up list of fastest mirrors

同じメッセージがでました。
取り敢えず問題無くyum updateが出来ましたがバグなんでしょうか?

タグ , . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です