Nutanix上VMのmacアドレスを変更する。


Nutanix上に構築したVMのMACアドレス変更手順メモ

現在のVMのMACアドレスを確認

# nmcli device show eth0| grep HWADDR
GENERAL.HWADDR: 50:6B:8D:8C:CC:52

50:6b:8d:8c:cc:52が割当たっています。

次にCVM上から確認 acliを使います。

$ acli

vm.nic_get Centos7_test
192.168.200.101 {
ip_address: "192.168.200.101"
mac_addr: "50:6b:8d:8c:cc:52" ←確認
network_name: "vlan0"
network_uuid: "75c0ba81-ff8d-4aac-a854-c94586483b4b"
type: "kNormalNic"
vlan_mode: "kAccess"
}

vm.nic_deleteコマンドで一度VMからNICを削除します。

$ vm.nic_delete Centos7_test 50:6b:8d:8c:cc:52

つぎにvm.nic_createでVMを指定して変更したい任意のMACアドレスをNICに割り当てます。
今回は50:6b:8d:8c:cc:55を割り当てます。

$ vm.nic_create Centos7_test mac=50:6b:8d:8c:cc:55 network=vlan0 request_ip=false

acliで確認します。

vm.nic_get Centos7_test
50:6b:8d:8c:cc:55 {
mac_addr: "50:6b:8d:8c:cc:55" ←変更されている
network_name: "vlan0"
network_uuid: "75c0ba81-ff8d-4aac-a854-c94586483b4b"
type: "kNormalNic"
}

更にVMからも確認
変更確認

[root@cent7-test ~]# nmcli device show eth0| grep HWADDR
GENERAL.HWADDR: 50:6B:8D:8C:CC:55

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です