プラレールの動力車が遅くなったりスピード切替が出来なくなったので直してみた。


子供のお気に入りでずーっと遊んでるプラレールのかがやきさんが
以前と比べ遅くなったり、スピード切替が出来にくくなって来て調子が悪くなってきたので直してみました。

以前、台風で長野の車両基地が水没したニュースを見た時
悲しそうに「かがやきさん溺れちゃたの・・?」と言っていました。

このかがやきは、「プラレール トンネルを照らそう! ライト付E7系新幹線かがやき ベーシックセット」を購入した時についてきたものでLEDライトが光ります。

電池交換と同じようにボディーをあけて

三つのネジを外してカバーを外します。

更に上の画像で見えてる二つの車両中央と後部にあるねじ2つを外してモーター・ギアを見えるようにします。

見てみるとギアやシャフトに糸くずや埃が詰まってます・・。
これらをピンセットやエアダスターで取り除き

更に接点復活剤をスピード切替スイッチ・通電する個所・モーターのエンドベルの隙間からひと拭き

さらに各ギアにグリスを少量さしてあげます。

これらをやって元通り組み上げて走らせた所、かがやきさんが以前の様に元気に走り出しました。
よかった・・・。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です