gcp上のCentOSでdnfがkilledされる

GCP上で立てたCentOS Stream 9のサーバーで
dnfをかけたらkilledされてしまいupdateもinstallも出来なかったので対処してみた。

check-updateをしても
# dnf check-update
CentOS Stream 9 - BaseOS 3.7 MB/s | 5.6 MB 00:01
CentOS Stream 9 - AppStream 2.8 MB/s | 14 MB 00:04
CentOS Stream 9 - Extras packages 25 kB/s | 8.2 kB 00:00
Google Compute Engine 18 kB/s | 7.0 kB 00:00
Google Cloud SDK 30 MB/s | 64 MB 00:02
Killed

updateをしても
# dnf -y update
Killed

Killedと出て何もできない・・

下のリポジトリが怪しい・・何に使っているのか・・GCPわからない・・
Google Compute Engine
Google Cloud SDK

取り合えずdisableにしてみる
# dnf config-manager --disable google-cloud-sdk
# dnf config-manager --disable google-compute-engine

改めてupdate実行
# dnf -y update
Last metadata expiration check: 0:12:16 ago on Thu 02 Jun 2022 12:57:43 PM UTC.
Dependencies resolved.

Complete!

出来た。 googleのrepoは何なのかは調べます。

タグ , . ブックマークする パーマリンク.

gcp上のCentOSでdnfがkilledされる への2件のフィードバック

  1. Webster の発言:

    助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。