zabbix serverを5.0 LTSにupdateした。

Zabbix 5.0LTSが出たのでzabbixのバージョンを上げてみました。
OSはCentOS Linux release 8.1.1911です。

現在のバージョンは

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.8
Revision 3d7663fd7c 27 April 2020, compilation time: Apr 27 2020 13:24:19

です。

まずは、zabbix5.0のリポジトリをサーバーにインストールします。

# dnf localinstall https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm
メタデータの期限切れの最終確認: 0:32:31 時間前の 2020年05月23日 00時45分01秒 に 実施しました。
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm 31 kB/s | 18 kB 00:00
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-release noarch 5.0-1.el8 @commandline 18 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 1 パッケージ

合計サイズ: 18 k
これでよろしいですか? [y/N]: y
パッケージのダウンロード:
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
アップグレード中 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
整理 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2
検証 : zabbix-release-5.0-1.el8.noarch 1/2
検証 : zabbix-release-4.4-1.el8.noarch 2/2

アップグレード済み:
zabbix-release-5.0-1.el8.noarch

完了しました!

既存のzabbix 4.4のrepoを上書きしてくれました。

check-updateで確認します。

# dnf check-update
Zabbix Official Repository - x86_64 30 kB/s | 14 kB 00:00

zabbix-agent2.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 5.0.0-1.el8 zabbix

zabbix5.0がupdate対象として表示されました。

それでは、いよいよzabbix5.0にupdateです。

# dnf -y update
メタデータの期限切れの最終確認: 0:00:16 時間前の 2020年05月23日 01時17分51秒 に 実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズ
================================================================================
アップグレード:
zabbix-agent2 x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 4.1 M
zabbix-server-mysql x86_64 5.0.0-1.el8 zabbix 2.6 M
zabbix-web noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 3.0 M
zabbix-web-japanese noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 16 k
zabbix-web-mysql noarch 5.0.0-1.el8 zabbix 15 k

トランザクションの概要
================================================================================
アップグレード 5 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 9.8 M
パッケージのダウンロード:
(1/5): zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64.r 2.5 MB/s | 2.6 MB 00:01
(2/5): zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 2.6 MB/s | 3.0 MB 00:01
(3/5): zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch.r 142 kB/s | 16 kB 00:00
(4/5): zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch.rpm 135 kB/s | 15 kB 00:00
(5/5): zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64.rpm 3.2 MB/s | 4.1 MB 00:01
--------------------------------------------------------------------------------
合計 7.6 MB/s | 9.8 MB 00:01
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
scriptletの実行中: zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/1
アップグレード中 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 1/10
アップグレード中 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
scriptletの実行中: zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 2/10
アップグレード中 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 3/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
アップグレード中 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_server.conf は /etc/zabbix/zabbix_server.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 4/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
アップグレード中 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
警告: /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf は /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf.rpmnew として作成されました。

scriptletの実行中: zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 5/10
scriptletの実行中: zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
整理 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
scriptletの実行中: zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 7/10
整理 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
整理 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 9/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
整理 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
scriptletの実行中: zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 10/10
検証 : zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 1/10
検証 : zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64 2/10
検証 : zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64 3/10
検証 : zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64 4/10
検証 : zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch 5/10
検証 : zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch 6/10
検証 : zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch 7/10
検証 : zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch 8/10
検証 : zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch 9/10
検証 : zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch 10/10

アップグレード済み:
zabbix-agent2-5.0.0-1.el8.x86_64 zabbix-server-mysql-5.0.0-1.el8.x86_64
zabbix-web-5.0.0-1.el8.noarch zabbix-web-japanese-5.0.0-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-5.0.0-1.el8.noarch

完了しました!

バージョン確認

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 5.0.0
Revision 9665d62db0 11 May 2020, compilation time: May 11 2020 14:31:28

何事もなく完了しました。
しかし、GUIのレイアウトが変わったので操作に戸惑いそうです。。

zabbix-serverが起動に失敗する。

構築時は普通に稼働していたzabbix-serverですが、
監視対象を追加していくと、ある時からzabbixが落ちる→起動失敗が連続していた。
手動でzabbix-serverを起動しようとしても無理なので対処。

環境はこんな感じ

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
# rpm -qa | grep zabbix
zabbix-server-mysql-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-web-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-japanese-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-web-mysql-4.4.8-1.el8.noarch
zabbix-agent2-4.4.8-1.el8.x86_64
zabbix-release-4.4-1.el8.noarch

ログを見ると

May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:19 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Service RestartSec=10s expired, scheduling restart.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Scheduled restart job, restart counter is at 6.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Stopped Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Starting Zabbix Server...
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Can't open PID file /run/zabbix/zabbix_server.pid (yet?) after start: No such file or directory
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Supervising process 120150 which is not our child. We'll most likely not notice when it exits.
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: Started Zabbix Server.
May 7 16:21:29 hogehoge1 kill[120153]: kill: 十分な引数がありません
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Control process exited, code=exited status=1
May 7 16:21:29 hogehoge1 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-code'.

こんな感じでsystemdの自動再起動が走ってコケてを繰り返しています。

監視対象追加が起因していると思われますのでzabbixの設定を見てみます。

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

のCacheSizeが
デフォルトのままでしたので32Mに増やします。

### Option: CacheSize
# Size of configuration cache, in bytes.
# Shared memory size for storing host, item and trigger data.
#
# Mandatory: no
# Range: 128K-8G
# Default:
# CacheSize=8M
CacheSize=32M

これで、zabbix-serverの起動が出来るようになりました。