MAシャーシの電池落としをしてみた。

息子の為にと?せっせとミニ四駆を作っておりますが、FM-A・ARシャーシと来て
MAシャーシのフクロウGTだけは、ファーストトライパーツとベアリングの追加で終わってます。

MAシャーシのフクロウにもテコ入れ?をしなければならないと思い
サイトを色々見た結果「電池落とし」というのがお金もかからず出来て効果が有りそうなのでやってみました。

ノーマルの電池の高さを記録

イメージはこんな感じで電池落としをする予定
MAシャーシ電池落とし予定

ちなみに今回使用した工具は

数十年使用しているニッパー、刃こぼれも有りますが荒い作業をするときに重宝します。

タミヤのデザインナイフ

必須アイテムですね。替え刃もたくさん付いてくるのでいいですよ。

有ると便利な中華製の電動ドライバー 
アイテム数は多いですが、精度を求めてはいけません。

昔はこの手の作業は、カッターをライターで炙って切ってましたね。

ちなみに自分は、やすりは使わずにデザインナイフでカンナ掛けして整えました。

それでは電池落とし作業開始です。
電動ドリル使ってるので穴あけも楽々です。

裏から見てみるとこんな感じ

穴ぼこだらけにしたら、カッターで切り取ります。

片側がほぼ完成しました。

電池落とし前後を比較してみます。

良い感じで結構落ちてますね。

反対側も同じように穴をあけていきます。

両方ざっくりと穴開けができました。

電池を入れて裏から見るとこのような感じです。

デザインナイフで切り口を整えて

電池を落とした分隙間が出来るのでそこにはブレーキ用のスポンジを貼り付けました。

フクロウさんもご満悦の模様(*´▽`*)

もともと安定しているMAシャーシですが、電池落としで更に安定する事が期待されます。
走らせるのが楽しみですね。