KUSANAGIをKVMで動かしてみた_2


前回まででkusanagiのESXI用のOVAファイルをKVM用にvirt-v2vでコンバートして
稼働させる所まで行いました。

しかし、このままではコンソールが取れず設定を行う事ができません。
virshでコンソールを取る為には一度VMにログインしないと出来ないので
virtualboxでXwindowを入れて作成済みのlinuxマシンを使いました。

linuxマシン側にリモートでKVMサーバーに接続する為、virtmanagerをインストールをします。

yum install virt-manager openssh-askpass

Xwindow上で「Applications → System Tools → Virtual Machine Manager」と選び
接続先KVMサーバーのホスト名IPを入力しログインID・パスワードを入れてKVMサーバーに接続します。

コンソールが取れる様になったので、いよいよkusanagiに接続してみます。
ユーザーはrootでパスワードは公式サイトにある↓の奴です。

初期設定として以下が設定されています。
初期RootPassword:4XhXygXW9nAdisDb

kusanagi_virtmanager
kusanagi_virtmanager

無事にkusanagiにログイン出来ました。

以上でkusanagi公式で配布してあるESXI用のOVAファイルをvirt-v2vを使用してコンバートを行い
KVMで稼働させる手順になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です