kvmのゲストOS削除

kvmのゲストOS削除をする手順をメモ

削除対象のVMをshutdownしておきます。
今回はvpn.hoge.netを削除します。

登録されてるゲストOS一覧を表示

# virsh list –all
Id 名前 状態
—————————————————-
1 www2.hage.net 実行中
– vpn.hoge.net シャットオフ ←停止してます

KVMの管理下から対象VMを削除

# virsh undefine vpn.hoge.net
ドメイン vpn.hoge.net の定義が削除されました

サーバーに登録されているKVMのimage一覧を表示

# virsh vol-list default
名前 パス
——————————————————————————
centos7.0.qcow2 /var/lib/libvirt/images/centos7.0.qcow2
CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3-sda /var/lib/libvirt/images/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3-sda
CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.img /var/lib/libvirt/images/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.img
lb.hoge.img /var/lib/libvirt/images/lb.hoge.img
vpn.hoge.net.img /var/lib/libvirt/images/vpn.hoge.net.img
www01.hoge.img /var/lib/libvirt/images/www01.hoge.img
www2.hage.net.img /var/lib/libvirt/images/www2.hage.net.img
www2.hage.net.qcow2 /var/lib/libvirt/images/www2.hage.net.qcow2

対象のVM imageを削除

# virsh vol-delete /var/lib/libvirt/images/vpn.hoge.net.img

終了

KUSANAGIをKVMで動かしてみた_2

前回まででkusanagiのESXI用のOVAファイルをKVM用にvirt-v2vでコンバートして
稼働させる所まで行いました。

しかし、このままではコンソールが取れず設定を行う事ができません。
virshでコンソールを取る為には一度VMにログインしないと出来ないので
virtualboxでXwindowを入れて作成済みのlinuxマシンを使いました。

linuxマシン側にリモートでKVMサーバーに接続する為、virtmanagerをインストールをします。

yum install virt-manager openssh-askpass

Xwindow上で「Applications → System Tools → Virtual Machine Manager」と選び
接続先KVMサーバーのホスト名IPを入力しログインID・パスワードを入れてKVMサーバーに接続します。

コンソールが取れる様になったので、いよいよkusanagiに接続してみます。
ユーザーはrootでパスワードは公式サイトにある↓の奴です。

初期設定として以下が設定されています。
初期RootPassword:4XhXygXW9nAdisDb

kusanagi_virtmanager
kusanagi_virtmanager

無事にkusanagiにログイン出来ました。

以上でkusanagi公式で配布してあるESXI用のOVAファイルをvirt-v2vを使用してコンバートを行い
KVMで稼働させる手順になります。

KUSANAGIをKVMで動かしてみた_1

巷で速い速いと話題のKUSANAGをKVMで動かしてみた。
KUSANAGのKVMイメージは提供されていないようなので、ESXI用のイメージをKVM用にコンバートしました。

こちらのサイトにあるリンクからOVAイメージを落としてきます。

# wget http://download.prime-strategy.co.jp/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.ova

落として来たらvirt-v2vでconvertします。

# virt-v2v -i ova ./CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.ova -o libvirt -of qcow2 -os default
[ 0.0] Opening the source -i ova ./CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.ova
[ 1.3] Creating an overlay to protect the source from being modified
[ 2.9] Initializing the target -o libvirt -os default
[ 3.2] Opening the overlay
virt-v2v: error: libguestfs error: could not create appliance through
libvirt.

Try running qemu directly without libvirt using this environment variable:
export LIBGUESTFS_BACKEND=direct

Original error from libvirt: Cannot access backing file
‘/var/tmp/ova.kLdh0F/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3-disk1.vmdk’ of storage file
‘/var/tmp/v2vovl829e44.qcow2’ (as uid:107, gid:107):
許可がありません [code=38 int1=13]

If reporting bugs, run virt-v2v with debugging enabled and include the
complete output:

怒られました ごめんなさい。。。
環境変数をセットします。

# export LIBGUESTFS_BACKEND=direct

再度convertします。

# virt-v2v -i ova ./CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.ova -o libvirt -of qcow2 -os default
[ 0.0] Opening the source -i ova ./CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.ova
[ 1.3] Creating an overlay to protect the source from being modified
[ 2.6] Initializing the target -o libvirt -os default
[ 2.6] Opening the overlay
[ 8.1] Inspecting the overlay
[ 19.5] Checking for sufficient free disk space in the guest
[ 19.5] Estimating space required on target for each disk
[ 19.5] Converting CentOS Linux release 7.2.1511 (Core) to run on KVM
virt-v2v: This guest has virtio drivers installed.
[ 65.8] Mapping filesystem data to avoid copying unused and blank areas
[ 66.1] Closing the overlay
[ 66.1] Checking if the guest needs BIOS or UEFI to boot
[ 66.1] Assigning disks to buses
[ 66.1] Copying disk 1/1 to /var/lib/libvirt/images/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3-sda (qcow2)
(100.00/100%)
[ 109.2] Creating output metadata
プール default がリフレッシュされました

ドメイン CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3 が /tmp/v2vlibvirt54c0e2.xml から定義されました

[ 110.0] Finishing off

成功したようです、確認してみます。

# virsh list –all
Id 名前 状態
—————————————————-
1 www2.higherhope.net 実行中
– CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3 シャットオフ

KVMに登録して見ます。

# virsh define /etc/libvirt/qemu/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.xml
ドメイン CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3 が /etc/libvirt/qemu/CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3.xml から定義されました

登録完了です。

KVMにコンバートしたkusanagiをスタートしてみます。

# virsh start CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3
ドメイン CentOS7.2_64_kusanagi7.8.3 が起動されました

kusanagiの起動ができました。
しかし、ESXI用OVAファイルからコンバートした場合、virshでconsoleが取れません。。。

その2に続きます。