2017/9/22の桃福

今日も友人と桃福に来ました。

今回の桃福詣も今日が最後です、悔いのない様に熟考をして頼んだらーめんは
「桃福_味噌ら~めん 大盛り」です。

2017-09-22_桃福_みそら~めん 大盛
2017-09-22_桃福_みそら~めん 大盛

桃福の味噌ら~めんはほんとにうまい! もう、うまいとしか言えないです!

そして桃福に付き合ってくれた友人が食べたのは「めんまら~めん大盛り」です。

2017-09-22-めんまら~めん大盛り
2017-09-22-めんまら~めん大盛り

自分あまりめんまが好きではないのですが、桃福のめんまは、美味しくたべれます(;´∀`)

今回は心残り無くスープまで完食です。

2017-09-22_桃福_みそら~めん 大盛 完食
2017-09-22_桃福_みそら~めん 大盛 完食

今回も桃福のら~めんをたくさん食べれて幸せでした。
桃福最高です。

2017/9/21の桃福

今日はいつもの友人と桃福に来ました。
何を食べるか友人と悩みに悩んだうえ「桃福 ねぎ味噌ら~めん大盛り」にしました。

2017-09-21_桃福_ねぎみそら~めん 大盛
2017-09-21_桃福_ねぎみそら~めん 大盛

桃福の大盛りは麺が2倍なのでボリュームが凄いのです。
食べても食べてもなくならないって感じです。

残念な事に「ねぎ味噌ら~めん大盛り」・・スープを残してしまい完食する事が出来ませんでした・・・。
完食できなかった事は記憶にある範囲では無いです。。。

具だくさんでとても美味しかっただけに完食できず残念でした。。。

2017/9/18の桃福

次はいつ来れるか分からないので連続で桃福へ

今日食べたのは、「辛みそら~めん 大辛 小ライス」です。
桃福の辛みそら~めん大辛は自分的には食べられないような辛さではなく
スープが濃厚で、それに絡む麺や野菜やチャーシューがとても良い感じで大好きです。

2017-09-18_桃福_辛みそら~めん 小ライス
2017-09-18_桃福_辛みそら~めん 小ライス

これまた、スープとよく合う小ライスも食べてしまいました。

2017-09-18_桃福_辛みそら~めん 小ライス 完食
2017-09-18_桃福_辛みそら~めん 小ライス 完食

あっという間に完食してしまいました。
美味しかったです!

2017/9/17の桃福

今年は秋にも札幌へ行けました。
当然ながら桃福にも行ってきました。

桃福 ラーメン 札幌
桃福 ラーメン 札幌

いつもは何を食べようか迷いまくるのですが、今回は意外とすんなり
「しおら~めんと小ライス」にしました。

2017-09-17_桃福_塩ら~めん
2017-09-17_桃福_塩ら~めん

やっぱり桃福のら~めんはおいしいですね!
ライスとら~めんがとても合うのを再認識しました。

yum update でこけたので対処

yum updateでこけた時の対処

自宅環境でのログです。
epelでこけてます。

base/7/x86_64/filelists_db | 6.7 MB 00:00
elasticsearch-2.x/filelists_db | 10 kB 00:00
http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz: [Errno 14] HTTP Error 404 - Not Found
他のミラーを試します。
To address this issue please refer to the below knowledge base article

https://access.redhat.com/articles/1320623

If above article doesn't help to resolve this issue please create a bug on https://bugs.centos.org/

One of the configured repositories failed (Extra Packages for Enterprise Linux 7 - x86_64),
and yum doesn't have enough cached data to continue. At this point the only
safe thing yum can do is fail. There are a few ways to work "fix" this:

1. Contact the upstream for the repository and get them to fix the problem.

2. Reconfigure the baseurl/etc. for the repository, to point to a working
upstream. This is most often useful if you are using a newer
distribution release than is supported by the repository (and the
packages for the previous distribution release still work).

3. Run the command with the repository temporarily disabled
yum --disablerepo=epel ...

4. Disable the repository permanently, so yum won't use it by default. Yum
will then just ignore the repository until you permanently enable it
again or use --enablerepo for temporary usage:

yum-config-manager --disable epel
or
subscription-manager repos --disable=epel

5. Configure the failing repository to be skipped, if it is unavailable.
Note that yum will try to contact the repo. when it runs most commands,
so will have to try and fail each time (and thus. yum will be be much
slower). If it is a very temporary problem though, this is often a nice
compromise:

yum-config-manager --save --setopt=epel.skip_if_unavailable=true

failure: repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz from epel: [Errno 256] No more mirrors to try.
http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/repodata/1284b0990c819c515fcef9074ffa4ea21a4342b323628c75e53b3d49327b3860-filelists.sqlite.xz: [Errno 14] HTTP Error 404 - Not Found

アドバイスらしきものが出てくるがどれもepelをどうにかしろといってるかんじ
そうじゃない対処を探したところ
google先生が教えてくれました。
キャッシュが悪いみたいです。
なので消します。
# cd /var/cache/yum/
# rm -rf x86_64/
# yum clean all
# yum check-update
こんな感じでyum updateが成功しました。

openmanageでセマフォの上限値に達して値が取れない対処

dellサーバーのopenmanageの値をzabbixで取得して物理機器の監視をしているのですが
セマフォの枯渇によって取得出来ない状況が度々でます。
zabbixで値が取得出来ない為、警告が出ているのでmessegesを見てみるとこんな感じ

Aug 4 13:26:52 hogege Server Administrator (Shared Library): 1235448 0 - Data Engine A semaphore set has to be created but the system limit for the maximum number of semaphore sets has been exceeded
Aug 4 13:26:53 hogege Server Administrator (Shared Library): 1566660 - Data Engine A semaphore set has to be created but the system limit for the maximum number of semaphore sets has been exceeded
Aug 4 13:26:53 hogege Server Administrator (Shared Library): 135430 - Data Engine A semaphore set has to be created but the system limit for the maximum number of semaphore sets has been exceeded

このままではいかんので対処しました。

セマフォを使ってるのはzabbixでした。

# ipcs -s | grep zabbix | wc -l
93

ipcs -sの値はログを取り忘れました・・。

サーバーの設定を確認した所このような感じ

# ipcs -ls
------ セマフォの制限 --------
最大配列数 = 128
配列毎の最大セマフォ数 = 250
システム全体の最大セマフォ数 = 32000
semop 呼び出し毎の最大命令数 = 32
セマフォ最大値 = 32767

なのでzabbixの使用してるセマフォを解放します。
まずは、サービス停止

# systemctl stop zabbix-sever

次にzabbixのセマフォを解放

for i in `ipcs -s |grep zabbix | awk '{print $2}'`; do ipcrm -s $i; done

確認

# ipcs -s
------ セマフォ配列 --------
キー semid 所有者 権限 nsems
0x00000000 0 root 600 1
0x00000000 65537 root 600 1
0x00000000 1384480771 root 600 1
0x00000000 1384644612 root 600 1
0x00000000 1384906757 root 600 1
0x00000000 1384873990 root 600 1
0x00000000 1384742919 root 600 1
0x00000000 1384775688 root 600 1
0x00000000 1384808457 root 600 1
0x00000000 1384841226 root 600 1
0x00000000 1384939531 root 600 1
0x00000000 1384972300 root 600 1
0x00000000 1385005069 root 600 1
0x00000000 1385037838 root 600 1
0x00000000 1385070607 root 600 1
0x00000000 1385168912 root 600 1
0x00000000 1385201681 root 600 1
0x00000000 1385234450 root 600 1
0x00000000 1385299987 root 600 1
0x00000000 1385332756 root 600 1
0x00000000 1385365525 root 600 1
0x00000000 1385398294 root 600 1
0x00000000 1385431063 root 600 1
0x00000000 1385463832 root 600 1
0x00000000 1385496601 root 600 1
0x00000000 1385529370 root 600 1
0x00000000 1385562139 root 600 1
0x00000000 1385594908 root 600 1
0x00000000 1385627677 root 666 1
0x00000000 1385660446 root 600 1
0x00000000 1385693215 root 600 1
0xd95b59b9 14254112 root 666 2
0x11016565 17465377 root 644 2
0x000003d4 14319650 root 644 1

zabbixのセマフォ使用が消えました。

zabbix再起動

# systemctl start zabbix-sever

openmanageのGUIやzabbix_getでみて値が返ってくれば成功です。

zabbix 3.0.10から3.4.1へupgradeした。

久々にまじめな調べ物をしていたらzabbixのバージョンが上がっていたのでupgradeしてみた。

環境はcent7 nginx php7です。

現在のバージョン

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 3.0.10

現在はzabbix 3.0.10を使用中
こちらのサイトに上がっているrpmを使用して上げます。
サイトには↓の二つのrpmが上がっています。
zabbix-release-3.4-1.el7.centos.noarch.rpm
zabbix-release-3.4-2.el7.noarch.rpm
今回は珍しくzabbix公式サイトの手順に沿ってやりました。

まずはzabbix関連のファイルと念のためnginxのconfをバックアップ

# cp /etc/zabbix/zabbix_server.conf /root/work/zabbix-backup/
# cp /etc/nginx/conf.d/default.conf /root/work/zabbix-backup/
# cp -R /usr/share/zabbix/ /root/back/zabbix-backup/
# cp -R /usr/share/doc/zabbix-* /root/back/zabbix-backup/

作業開始です。
zabbix関連のサービスを止めます。

# systemctl stop zabbix-server
# systemctl stop zabbix-agent

まずはzabbix 3.4.1のrepoにupdateします。

# rpm -Uvh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-1.el7.centos.noarch.rpm
http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-1.el7.centos.noarch.rpm を取得中
準備しています... ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
1:zabbix-release-3.4-1.el7.centos ################################# [ 50%]
整理中 / 削除中...
2:zabbix-release-3.0-1.el7 ################################# [100%]

手順書によるとyum updateではなくupgradeを使えとなっているのでその通りに

# yum upgrade zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* extras: www.ftp.ne.jp
* remi-php71: mirrors.tuna.tsinghua.edu.cn
No packages marked for update

コケました。

ならばいつも通りのupdateで
まずは読み込んでいるrepoを綺麗にお掃除

# yum clean all

updateされるパッケージ確認

# yum check-update

zabbix-agent.x86_64 3.4.1-1.el7 zabbix
zabbix-get.x86_64 3.4.1-1.el7 zabbix
zabbix-release.noarch 3.4-2.el7 zabbix
zabbix-server-mysql.x86_64 3.4.1-1.el7 zabbix
zabbix-web.noarch 3.4.1-1.el7 zabbix
zabbix-web-japanese.noarch 3.4.1-1.el7 zabbix
zabbix-web-mysql.noarch 3.4.1-1.el7 zabbix

出てきました。
update対象がzabbix関連のみなのでそのままupdateかけます。

# yum -y update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* extras: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
* remi-php71: mirrors.tuna.tsinghua.edu.cn
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix-agent.x86_64 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-agent.x86_64 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-get.x86_64 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-get.x86_64 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:3.4-1.el7.centos を 更新
---> パッケージ zabbix-release.noarch 0:3.4-2.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-server-mysql.x86_64 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-server-mysql.x86_64 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-web.noarch 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-web.noarch 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-web-japanese.noarch 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-web-japanese.noarch 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
---> パッケージ zabbix-web-mysql.noarch 0:3.0.10-1.el7 を 更新
---> パッケージ zabbix-web-mysql.noarch 0:3.4.1-1.el7 を アップデート
--> 依存性解決を終了しました。
以下略・・・・
完了しました!

成功したようですのでサービスを起動します。

# systemctl start zabbix-serve
# systemctl start zabbix-agent

updateが成功したのかヴァージョンを確認します。

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 3.4.1

どうやら無事成功のようです。

お次にブラウザで表示確認です。

zabbix 3.4.1にupgradeした
zabbix 3.4.1 upgrade

無事にupgrade出来たようです。
インターフェースも変わってかっこよくなりましたね。